スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
遅ればせながら・・・明けましておめでとうございます

JUGEMテーマ:サッカー

 

明けましておめでとうございます

 

新年のご挨拶を今頃書くなんて・・・と、この調子でのんびりと更新していくつもりです。

 

もっとも、アルビの負けが続くと「ぐっ」と書く気持ちが揺らぎますので、今年こそ「また書かなきゃ・・」というアゲアゲな年になって欲しいと願っています。

 

年末年始はとてもにぎやかでしたが、台風一過でみんな帰ってしまい、初老夫婦はおせちの残りをつつきながら「この味にも飽きたねぇ」とぼやいています。

 

 

年末のアルビは、予想はしていたけれど「レオ」が鹿島に行っちゃったり、「貴章お帰り!」だったり、柏から稲田選手が入ったりと良いニュースと悪いニュースが五月雨のようにぽつんぽつんと落ちてきましたが、今のところベテランの加入が多く、このままじゃまだまだ闘えません・・・な。

 

 

ブラジル人を総取っ替えにしたんだから・・・

ま、入ってくる選手の発表が楽しみというか、恐ろしいというか・・・です。

ブラジル人の獲得には定評のあるアルビですから、ハズレはないと信じたいのですが・・・ね。

 

毎年、繰り広げられる激励会のチケット争奪戦

今年は後援会員1名につき、同伴者1名のみに限定したので(家族で行きたい人は後援会に入ってね・・ってことですか)例年のように「15分で完売」ではなく、完売まで2時間ほどかかったようでしたが・・・それにしても、アルビサポはすごいや。

 

当方は、風邪っ引きの真っ最中で、スマホを握りしめて果敢にアタックしまして、無事2枚ゲット

 

 

毎年ほとんど新チームになるアルビ、今年も例外ではないようで、新しい選手はどんな理由でアルビを選んでくれたのかや、新監督がどんなチームを作って行きたいと思っているのか・・・等々

新体制をしっかりと見なきゃ・・・ねぇ

 

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 11:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
本当に久しぶりの更新です

JUGEMテーマ:サッカー

 

リーグ戦の最終戦以来へなへなとしてしまい、PCを立ち上げる気持ちにもなれず、ブログもほったらかしでした。

 

なかなか監督が決まらないなぁとか、ああマツケンは出ちゃうのかぁとか、ラファの移籍は、ま、既定路線だな・・・などと、気持ちが落ち込むニュースをぼんやりと見て過ごしていました。

 

 

そうしているうちに、うれしいニュースも出始めています。

監督はヤンツーさんの時代のコーチだった三浦文丈さんに決まりましたし、川口君は帰ってくるし(武者修行にはちょっと不十分だったような気もするんですがネ)、ヴァンデルレイ フィジカルコーチも来てくれることになったし・・・で、だいぶ気持ちがアゲアゲになって来ました。

 

 

昨年のボールを回しながらフィジカルをあげていくという方法には、「そんなやり方もあるのかねぇ・・・」と懐疑的で、1年をとおして怪我人が続出したことから、オフにしっかりとフィジカルトレーニングをしなかったせいじゃないかねぇと心密かに思っていましたので、鬼に見えるフィジコがアルビに戻ったようでホッとしています。

 

 

そんな中で、昨日は大ニュースです。

Mr.アルビレックスの本間勲が帰ってきます!

 

話は全く変わりますが、我が家はただ今風邪が流行中でして、一人はティッシュの箱を離せませんし、もう一人は全く声が出ません。

そんなことで、ベットととても仲良しにしていて、昨日は全く情報を得ていませんでした。

今朝の新聞に大きく出ていまして、まだ薄暗い時間に、ティッシュと新聞を持って声の出る方が階段を駆け上がって「勲が帰ってくる!!!!」と大声を上げ、二人でちょっとしたダンスになりました。

 

2012年のあの年の勲の頬がこけ、すごみを漂わせた顔を忘れられません。

あの苦しみを知っている勲ならば、どうやら来年も全く新しいチームになりそうなアルビをまとめ、精神的な柱となってくれると大変心強く思っています。

 

 

今日の夕方にメイワサンピア体育館でファビーニョがフットサルの講習会をします。

ファビは少し前から新潟入りをしていて、過日くいしん坊で夕食会がありました。

来シーズンからファビはブラジルの「ジョインヴィレEC」の監督を務めるとのこと・・・・皆さんに知らせて欲しいって言われました。

 

いつか、新潟で監督を務めたいと言っていて・・・我々だっておんなじ気持ちだよファビ!

 

 

 

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 10:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
来年も、J1で闘えることの喜び

JUGEMテーマ:サッカー

 

 

最終戦までもつれ込んだアルビの残留劇

アルビ0:1広島で敗戦でしたが、名古屋さんも湘南さんに負けたために、わずかな得失点差でJ1に残ることが出来ました。

 

あの場にいたサポにすれば少なくともドローに持ち込んで、ジュビロさんの様に「自力」で残留を勝ち取りたい気持ちが強かったのですが、最後の交代を「大野」にしたことで、「これ以上失点しないでこのまま行け!」というチーム意図が明確に伝わりました。

 

そうですね・・・どんなにみっともなくとも、どんなに恥ずかしくとも、J1に残った方が勝ち!なのですから。

 

 

勝ち点30での残留は、おそらく史上最低だと思われますが、ニイガタの「残留力」恐るべし!ですね。

 

もしかしたら、最終戦のチケットは受験生の間で「落ちないチケット」として争奪戦になっているかも・・・

 

などと、更新する気持ちになれたのは、本当に残留できたからなのですワ。

 

 

クラブはこれからが踏ん張りどころです。

もうすでに、移籍決定だと噂される選手がいたり、ある選手にはオファー殺到とのうわさがでていますが・・・監督人事も含めて早く体勢を確定して、来年こそ闘えるチームを作ってください。

 

もうもう、この胃がキリキリと痛み、心臓がドキドキしっぱなしというシーズンは、ほとほとイヤです。

 

 

 

アルビレックス新潟は、来年もJ1で闘います!

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
つらい日々が続いております

JUGEMテーマ:サッカー

 

8月21日以来の更新です。

あの日から、アルビは勝ち点1も積み上げていないのです。

十分に引き離していた・・・と、感じていた名古屋さんには直接対決で負けて、すぐそこまで来られていますし、残留をあらそうライバルだと勝手に思っている甲府さんは上に行っているしで、本当につらい日が続いています。

 

 

いえね、天皇杯はかろうじて勝っていますよ。

「たまに勝ち試合を見ようよ」と油断しながらみた関学との試合は、「勢いが違いすぎるワ、負けるかも」と、心底キモが冷えましたし、レノファ山口は「ま、勝てたね」でした。

いずれも、現場で勝ち試合を見ましたが、気持ちが晴れません

 

 

なにしろ、リーグ戦では「得点できないんです」から・・・・公式練習でFWがシュート練習しますよね。

コーチが角度を変えながらクロスをあげているシュート練習でも、あまり入りませんねぇ。

練習で入らないんですから、本番では、もっと心臓がドキドキ!とするでしょうし、ドンぴしゃのクロスではないでしょうから、ま、無理もないのですが、いつまでもネットをゆらせません。

FWが機能していない・・・って、言い過ぎでは無いですね。

 

 

中盤はすべてのボールをレオ経由で配球されるようになっていてレオの負担がとても大きいようですし、それだけ疲れているなあと思います。

アルビは、エジだのみ、マルシオだのみ、レオだのみ・・と核になる選手頼みのチームを作りますねぇ。

 

センターバックに怪我人が続出したことや、切り札となるスーパーサブがここに来て怪我をしたことも痛かったですねぇ。

 

 

吉田監督の戦術が浸透すれば・・・との望みはありましたが、なにか基本的な事柄であるパスやドリブルの精度、走り抜く走力などが欠けちゃったんじゃないかと思うようになっていますな。

 

 

クラブはその監督を、残り4試合という、ここに来て切りました。

コーチにウッチイを・・・ですが、あれだけサポに支持され愛されている彼を「ここで使うかぁ」と感じましてねぇ。

 

 

 

アルビレックスは、大きな後ろ盾がない地方のクラブです。

営業の方々が、こつこつとスポンサーを見つけてここまで伸びてきた弱小のクラブです(それだけ、今季の新規スポンサー様のAGF様の獲得はグッジョブです)

 

ややもすると「大きなバックが付いていて都市にあるクラブが強いんだ」「大きいことが良いことだ」の風潮がまかり通りそうな時代に、少しでも「地方でもがんばれるんだ」を見せるために、このグラブはJ1にいなければならないクラブです。

 

 

のこり4試合・・残留に向けて片渕新監督、内田新コーチ、選手達・・・がんばってください。

| アルビ中毒 | アルビレックス | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ホッと一息・・・の福岡戦

JUGEMテーマ:サッカー

 

夏休み最後試合の福岡戦はアルビ3:0福岡で完勝!

 

今季は「ロスタイム追いつかれる」ってことが何回もあったので、5分のロスタイムには「ええ〜!なげぇ〜」と声が出ましたが、レオが、だめ押しの3点目を入れてからは「蹴っちらせ」のチャントを歌うなど完勝に酔いしれた夜でした。

 

ま、前節の甲府戦の出来が悪すぎたからねぇ・・・1日くらいは喜んでいよう。

 

 

福岡さんは本当に三門選手が中心となっているチームになったねぇ。

 

福岡さんは最初怒濤の攻撃を仕掛けてきて、前半こそは城後選手も目立っていたけれど・・・後半になったら三門選手以外はパスが散らせなくなっていて、だんだんその三門選手にもボールが入らなくなってきて、サイドバックからポ〜ンと前線に蹴っていたけれど、かなりの頻度でサイドを割ってしまいで・・・この闘い方では、なかなか得点に結びつかないだろうなぁ

 

 

アルビは、指宿とラファがMFで起用されて、ぎゅんぎゅんのワントップ

 

全体的に引いて守る(5バックにもう1列前も3人並んで・・・すげぇ)福岡さんをなかなか崩せなかったんですが、ポストにあたった指宿の柔らかいミドルシュートは圧巻でした。

後ろの方から「おまえ、できるんじゃん!」と声が上がり、周りは笑いに包まれましたっけ。

 

前半は0:0で折り返し

 

後半入りも福岡さんが攻撃を仕掛けてきたんですが、しのぎきったら完全にアルビペースに

「これだったら、もうすぐ得点するね」と話していたら、ギュンギュンのクロスからラファの突き刺すようなヘッドで先制!

 

福岡さんのハンドでPKはレオが冷静にしずめ、ロスタイムにだめ押し弾・・・まぁ3点も!

 

まだ勝ち点は27だし、この1勝で抜け出られたわけではないし、あと4勝しなければだしと、道が険しいことは承知していますが、素直にこの勝ちを喜びたいと思っています。

 

ただ、今のアルビは連勝できない状態なので、次節の鳥栖戦が本当に正念場になりそうですな。

 

 

今年からスポンサーになっていただいたAGFの品田社長様

どうぞ、どうぞ、末永くよろしくお願いいたします。

 

 

ハーフタイムには、花火があがり・・・

いつものようにイマイチの写真です。

 

本日のヒーローの二人

レオとカズですそろって28番の早川ユニを着てくれています。

試合前のゴール裏からの選手コールの最後は必ず「フミヤ」コールです・・・コールリーダーさん、ありがとう!グッジョブです。

 

 

試合前に、このオレンジの雲が出ると・・・今年は不思議に勝ちます!

 

次節はアウェイの鳥栖戦・・・勝って早い段階で勝ち点30まで持って行こうぜ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 11:56 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
勝ったぁぁああ!!・・・の神戸戦

JUGEMテーマ:サッカー

 

昨夜の神戸戦は、アルビ1:0神戸で勝利です!

 

試合終了の主審の手が大きく上がったとたん、「勝ったぁぁああ!」と絶叫しました。

 

前節のホームで落としたことが、かなり堪えていたことと、マイケルと前野(前野の守備が好きなんです)が入っていないことがどうにも引っかかり、気持ちがポジティブになりきれませんでした。

 

試合に入ってみれば、竜馬が安定した守備をしてくれたし、コルテースは相変わらず重戦車ぶりを発揮してくれ、それぞれの持ち味がでた試合だったですね。

 

竜馬!ビッグスワンでの本格的な活躍おめでとう

マイケルと同じように、アチコチに武者修行に行っていたことが生きた試合になったねぇ。

 

 

「おしい!」シュートで得点こそありませんでしたが、成岡のボールを奪うために泥臭くどこまでも追いかけていくというプレイにゾクゾクしました。

ジュビロ時代や福岡時代では、どちらかというとテクニックにたより、力を抜くところは抜いて(無駄に走らずに・・)、効率的にスマートな闘い方をする選手だというイメージでしたが、アルビスタイルに見事に覚醒していますよ。

 

この勝利によって勝ち点24になり、すぐ上のジュビロさんに手が届くまでになってきました。

 

 

 

ゴール裏です

バンデーラを2階から垂らして・・・ユニを広げて選手達の背中を押しました。

 

開始直後と、後半ロスタイムの「アイシテルニイガタ」のチャント・・・本当にグッジョブです。

手が真っ赤になるほど叩き、目がウルウルしながら歌っていました。

この気持ちは選手に届きます!

 

 

これからの甲府戦、福岡戦が正念場になってきましたねぇ。

この連戦で、勝ち点6を積み上げられれば・・・ずいぶんと楽になってきます。

 

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 11:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
良い試合をしてるんだけど・・勝てないねぇのF東戦

JUGEMテーマ:サッカー

 

「良い試合をしてるんだけど勝てないねぇ」という言葉を、今シーズンは帰りの車の中で何回つぶやいたんだろ。

 

FC東京さんは、監督を更迭して臨んだ試合なので、最初から攻勢をかけてきて少し押され気味の試合の入りでしたし、F東さんの幻のゴールなどがあったりで、前半はバタバタ感がいっぱいでした。

 

前半を0で折り返し、後半早々ゴール前にごちゃごちゃと人が固まって大きくクリアも出来ずに失点・・・後半においてF東さんのチャンスはこれだけだったような気がしますが、そこで決められるか決められないか、なんですねぇ。

 

特に前半に、守田のぎゅんを狙ったゴールキックが、ことごとく徳永選手にはじかれてセカンドも拾えないってのが目につきまして、堅い守りなんだなぁ。

 

F東さんの守備は、1点ビハインドでの終了間際になったら、時々6人で守備ラインを作ったのを見まして、ココまでがっちりと守られちゃったらこじ開けるのは難しいことですな。

 

それでも、何回もチャンスを作ったし「ココは決めれよ!」や、フリーキックがわずかに外れて「ぎゃぁあああ!」と頭をかきむしったりでしたが・・・ジ、エンド

 

タラレバはいっぱいありますが、負けた現実は受け止めないとですな。

 

 

今節はクラブも集客本気モードでイベントがいっぱい。

 

中でも目についたのが、「NEXCO東日本presents「感謝御冷!真夏の雪まつり」開催」で、大きな除雪車やリフト車に乗れたり、広場には10トンもの雪山ができて、子ども達が雪玉を作って遊んでいました。

 

我々が行ったたときには雪山も小さくなっていましたが、それでも近づくと空気がひんやりとして、とても気持ちが良かったです。

子ども達が群がって雪玉を作って遊んでいました。

 

スタジアム中に入れば、チアのスクール生のパフォーマンスがありました。

バックスタンド側でパフォーマンスをやってくれたので、楽しんで見ることが出来ました。

 

 

とてつもなく、人が群がっていたのが・・・【ガチャガチャ】ミニ提灯ライトキーホルダー(新色ブルーバージョン)発売・・・でした。

あまりの人混みに恐れをなして「試合が終わってからでも・・」と思っていたところ「売り切れました!」でとうとう入手できず。

次のホームに期待です。

 

この提灯ライトは、久々の大ヒット商品ですねぇ。

帰りの人々のアチコチに、青い光とオレンジが点いていて「これはアルビの風景として定着しそうだな」とうれしかったです。

 

そして、ハーフタイムの花火

はっきり言って花火は見るモノで写真を撮るモノではありません(写真の出来がイマイチで、かなり苦しい言い訳ですな)

オレンジと青を基調として、時々白と黄金の柳が垂れ下がり、なかなか見応えがありました。

 

これで、せめて勝ち点1でも取れれば良かったのですが・・・終わったモノは仕方がないので、ま、前を向いて次節に備えようぜ!

 

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 10:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
勝てたぁあああ!・・・の大宮戦

JUGEMテーマ:サッカー

 

このブログはアルビが勝てたときだけ更新するんだ・・・を踏襲して4連敗は全くスルーしていました。

 

特にホーム仙台戦の後はかなり落ち込みましてねぇ。

この落ち込んだ気持ちをぶつけちゃったりすると、猛毒を含んだ言葉がボロボロと出てきそうで、自分でも自制すべきだと考えまして・・・ま、更新しなかった言い訳ですな。

 

この間、平松選手が水戸に、酒井選手が岡山にとそれぞれ期限付移籍をしちゃって・・・今季は攻撃陣の層が暑くなったなぁと思っていましたら、新潟出身の期待の若手を出しちゃうんだねぇ。

 

ノリは、これで2回目の期限付移籍

福岡で結果を出して凱旋してきただけに、使われ方も含めて悔しいだろうなぁと思いましたね。

 

 

 

さて、逆転勝利した大宮戦

つい先日、所用があって2人で東京へ行ってきたばかり・・・そんなことで体力的にも、おサイフ的にも参戦できませんでした。

余談ですが、今年は本当にいろいろあって、ホームも行けなかったりでして、アウェイはもっと参戦が出来ていませんねぇ。

 

はい、スカパー!観戦です。 

アウェイゴール裏はアルビサポでオレンジ一色・・・オレンジダービーだけに、スタジアム全体がオレンジに。

 

スタッツを見ればアルビのシュート17本に対して大宮さんは6本と少なく、全体とすれば押していた試合なんでしょうが、現地観戦と違ってテレビはなぜか見ているのがコワイんです。

 

 

テレビのリモコンを片手に、もう片方にはスマホでツイッターを追いながらめまぐるしくチャンネルを動かしていました。

ま、それで同点弾は見損なったんですが、逆転弾だけはしっかりと見せてもらい・・・・「逆転だぁ〜!アルビってこんなコトが出来るのかぁあああ!」と大声を上げてしまいました。

 

 

最後の5分は「ガタル」んじゃないかと、本当に怖かったですねぇ。

 

ホームアドバンテージを受けた大宮さんが最後の攻勢をかけて来たこともあって、第1ステージ最終の鳥栖戦のようなゆとりのあるボール回しが出来ませんで、画面に向かって「落ち着け!」となんど叫んだことやら・・でした。

 

本当に久しぶりの勝利!・・・それも、先制されて逆転勝利ですよ!

長かったですねぇ。

 

我々がアルビサポだと知っているアチコチの方々から「今年はあまり勝てていないねぇ。大丈夫かい?」などと言われ、2012年を思い出すなぁと、イヤなことが頭をよぎった1ヶ月でした。

 

選手達はこれで負のスパイラルから抜け出て、完全に吹っ切れてくれたと信じています。

 

 

これからはひたすら一歩でも上を目指して行こうぜ!

 

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 13:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ファーストステージの最後を勝利で飾る・・・の、鳥栖戦

JUGEMテーマ:サッカー

 

「このブログはアルビが勝ったときだけ更新するんだね」と、ある友人からちょっと苦言をいただきました・・・まさに、そのとおりですがなにか?

 

前節のFC東京戦はスカパー!観戦で、アルビの頭脳プレイ(シーズンオフの珍プレイ賞にノミネートされるかも)で先制した後は、良く守ったんですけどねぇ・・フリーにさせちゃった平山選手に振り抜かれて、そのままドローに

 

ま、アウェイで勝ち点1は立派だとも言いますが、今のアルビは勝ち点3を渇望していまして・・・

 

FC東京のサポさん達は、ゴール裏の真ん中に早川の病気復活を祈る段幕を出してくださっていましたし、他会場でも選手達が基金への募金をしてくださっていまして、サッカーファミリーの暖かさに心を打たれました。

本当に感謝です。

 

 

さて、鳥栖戦です。

新潟は朝から雨風で、雨はともかく風はやんで欲しいねと、ちょっと心配していました。

 

試合開始には雨が上がり時折日が差しましたが、時々冷たい風が吹き抜けていまして、走っている選手には、ちょうど良い気温だったと思いますが、座ってみているEスタンドでは「はおりモノが必要だ」でした。

 

Eゲート前の広場では、「早川選手」「レオシルバ選手!」へのメッセージをお願いしますと特設テントが張られていまして、レオの去就がまだ流動的なのかぁと不安感をかき立てられました。

 

レオの件に関しては、「ガンバレ!フロント!」としか言いようがありませんが、ちょっとでも力になればと両選手にラヴレターを書いてきました。

 

 

選手入場では全選手が、ユニの上に限定発売された28番が染められた白いTシャツを着ていまして、それを見たおじさんおばさんはいきなりのウルウルでして・・・。

 

ゴール裏も、早川選手を励ます段幕と、チャントの長まわしで応援し、その頃には、沈んだ太陽の残照で雲があかね色に染まり、今日は勝利するぞ・・・を感じさせてくれました。

 

試合は、堅守速攻の鳥栖さんなのでボール保持が出来るし、パスも回せ、エリア内まで攻め込めるんですが、最後のシュートがなかなか決まらず、ちょっと歯がゆいなぁと思わされました。

 

開始から20分頃、鳥栖の豊田選手と守田が交錯して、そこにカズも絡んで起きあがれません。

交錯した豊田選手は平気のようで、まもなくカズが起きあがり・・・守田はびくとも動きません。

普通の担架ではなく、首を固定する担架が運び込まれ、「首か!?頭か!?」と周りは騒然としました。

 

今日の報道によれば、頭の裂傷だったようで、意識がある状態で救急車に乗ったとありまして、ちょっとホッとしています。

 

後半の78分にコルテースのクロスにマサルがダイビングヘッドでシュートしますが、ポストに嫌われ、その跳ね返りをギュンがネットに突き刺しました。山崎の今季初ゴールです。

 

 

その虎の子1点を守りきって、ファーストステージの最終戦を勝利で飾ることが出来ました。

 

アデショナルタイムに入った頃、選手達はゆっくりとボールを回したり、何とかコーナーキックやフリーキックを取って時間を稼ごうとしてまして、「時間稼ぎも上手になったモンだねぇ」と我々は感心するコトしきりでした。試合巧者が増えたわけですよ。

 

試合後はまた白いTシャツに着替えて挨拶回り

 

本日のヒーローのギュンはなんと早川のユニで挨拶に来てくれ・・・ますます涙腺崩壊ですよ

 

 

 

ついでに・・・本日開催のサンクスフェスタもちょっと

試合日に車を止める第3駐車場がほぼ満車・・・試合日よりもすごいんじゃネと言うくらい。

 

Eゲート前の広場はこのとおり(もっともかなりのイベントをこの広場でやりましたからね)

 

トークショーは小山のような人だかり

 

握手会は、長蛇の列(バックシャンだけでごめんなさい)

誰だかわかりますよねぇ・・・

 

スタジアムの中では、仮面ライダーのショーがあったり、広場でも選手のユニやシューズなどのオークションもおこなわれたようですが、気温はそれほどではありませんが強い日差しにおそれをなして、早めに帰宅しました。

 

とみにサッカー以外の人混みが苦手になってきましたねぇ。

 

 

これで、第1ステージが終了し、この週末から第2ステージに入ります。

本来はこの間に、ミニキャンプを張れるくらいの期間があっての2ステージ制でしょうに、これでは2つのステージにわけた意味はないよとも思いますが、アルビはこの勝ち癖をそのまま繋げられる・・・って、チャンスだよ!

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 17:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
新潟クラシックと大宮戦勝利と・・・熱かった一日
JUGEMテーマ:サッカー

クラブ創設20周年記念で、往年の選手達がマッチアップする「新潟クラシック」がおこなわれました。
ワールドカップを誘致でき、ビッグスワンが竣工し、新潟のサッカーが盛り上がろうとしていた頃に、盛り上げるために活躍してくれた選手達です。

体型もだいぶ変わっちゃたけれど、サッカーが好きで好きで・・・という元選手達が楽しそうに走り、我々も本当に楽しかったです。

最初から「我々は走れません!」とキッパリとギブアップを認めた古俣キャプテン

気温は30度近くあったので、15分ハーフで頻繁に交代しながらでしたが、「大丈夫かしらん」とちょっと心配しながらでした。

開始早々、サイドハーフの神田センセイの10メートル先くらいにパスが出て、一生懸命に追いかけたんでしょうが追いつけず、「カツオ!走れ!」と声をかけられて、我々の周りでは大笑いが起きました。

テラとゴートクの(まぁ、怪我をしなくて良かったワ)本気モードのマッチアップや、慎吾の左サイドのかけ上がりなどが見られて、おなかいっぱいでした。

まだ歴史はそんなにあるクラブではないけれど、ゆかりの選手達でマッチアップが出来る・・・って、「アルビもこうなって来たんだねぇ」とうれしかったです。


それにしても、暑かったです。
雲も少しはあったのですが、バックスタンドはじりじりと焼け付くようで・・・おチビさん達は10分もすると顔が真っ赤になってきて、「これはヤバイ」と交代で涼しい風が吹き抜けるコンコースに連れ出して体温を下げさせました。


試合は、開始4分の端山の粘りのクロスに翔さんのゴールで先制!

端山があそこまで粘るとは・・・慶応ボーイが新潟の泥臭さに染まりつつある様子をみて、じいさん、ばあさんは「一皮むけたねぇ」や「イヤ、泥に染まったんサ」と大喜びでした。

そして、翔さんの咆哮!
テクニックがすばらしく、スマートさが売りだよ・・・と言う二人の魂のゴールに、本当にしびれました。

その後は大宮さんの選手交代によって、かなり押し込まれましたが逃げ切って、リーグ戦今季のホーム初勝利をゲット出来ました。

ホーム初勝利を願ってサポが仕掛けた渾身のコレオ

サッポロビール様提供のオレンジシートの中で白く「GET the WIN!」が浮き上がっています。
たぶん大宮サポさんが一番よく見えたと思いますね。

本日のヒーロー翔さん


ゴール裏ではウルウルした選手がいたそうで・・・サポはガマンだったけれど選手達はつらかったんだろうなぁ




今入ったリリース
ノーテンキに書いていたら、とんでもないニュースが・・・
早川選手が・・・




 
| アルビ中毒 | アルビレックス | 11:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |