耐えて接戦をモノにした・・・の愛媛戦

JUGEMテーマ:サッカー

 

台風19号の被害の全容が見えてきまして、被害は沢山の県にまたがり亡くなられた方も多く甚大な災害でした。

被害に遭われた方々に心からお見舞いを申し上げ、はやく日常生活を取り戻されますように願っております。

 

 

今節はアウェイ愛媛戦

愛媛さんとのホームでの闘いは、2:0から逆転されて2:3で負けたという、骨身にしみた試合でした。

アルビサポが2:0で勝っていても安心できない心境にさせられる大元がこの試合でした。


その時とは違い、アルビ1:0愛媛で、勝利!

 

当方はダゾーン観戦でして・・・台風のために前日には飛行機が飛ばず「行けなかった」という方がおられましたが、結構な人数が応援席を占めて、JRを乗り継いだ方、自走の方といろいろ工夫をされての現地応援、ありがとうございました。

 

「アルビにメッシが移籍してきた」などのツイッターがあったように、本間至恩の一瞬でディフェンダーを抜き去ったあのドリブルからのスーパーゴールは、本当に気持ちがすかっとするモノですねぇ。

 

試合そのものはかなり耐える時間が多かったようですし、枠に飛んだ早くて恐ろしいシュートもありましたが、守護神大谷の守りなどで無失点

やはり無失点の試合はほっとしますねぇ。

 

 

閑話休題・・・その1

愛媛には、元アルビ戦士で「良いプレイをする選手だな」と思っていた前野選手がいます。

34分頃に前野選手が左サイドを駆け上がり、一度ボールを預けてゴールラインぎりぎりまで走り込んで、すごく良いクロスをあげたプレイに「そうだ!前野のこういうプレイが好きだったんだ」と思い出しました。

 

アルビでは怪我がちで、なかなかレギュラーが取れなかったですが、躍動している前野選手を見てとてもうれしくなりました。

 

 

 

閑話休題・・・その2

試合が始まった13日の3時頃は、台風19号があちこちの河川を決壊させたり越水させていたときで、長岡で信濃川が越水したという情報が入りまして、故郷ですし、家もありますし、親戚も多いですので本当に心配しました。

 

NHKの画面では、フェニックス大橋の東側で浸水しているように見え、信濃川の越水なら長岡市の東側はすべて浸水だなと寒気がしました。(東側に家がありますしね)

 

その後、信濃川の越水は誤情報で、信濃川に流れる川が越水して浸水している地域がある・・・が、本当なんだとわかって、被害に遭われた方には申し訳ないことですが「これなら被害は限定的だ」と気持ちが落ち着きました。

 

長岡花火を見た方はおわかりになると思いますが、長岡付近での信濃川は無駄に広い河川敷(こんな時に備えているんだと誉めてます)と高い土手を持っておりまして、あそこで越水したら長岡市はどちらか片方が全滅です。

 

それと同時に、大河津分水が非常に危険だとの情報もありまして、燕市の一部に避難勧告が出され・・・それこそ、この分水が決壊したり越水したなら、新潟までの越後平野はすべて水浸しになります。

それからはひたすら、「アルビガンバレ!」「大河津分水頑張ってくれ!」でした。

 

新潟市西区の小学生は、明治29年に信濃川が決壊して新潟市まで大洪水になった「横田切れ」を学習し、先人の苦労をしのびます。

新潟市の槇尾にあるお寺の宝光院の壁に、今でも残っている水の後を見学したりしていました。

大河津分水の工事が始まるきっかけとなった大洪水です。

 

信濃川水系は、全長367劼里Δ楚濃川と呼ばれている部分が153劼如△△箸論藏弊遒箸茲个貭耕邯を流れています。

千曲川は名前の通り曲がっている場所が多いようで、山がちな地形とも合わせて治水は難しいことなんだろうなと思いました。

 

 

さて、アルビは昇格プレイオフの6位以内に可能性を残していますが、手を伸ばせば届くよ・・・には行っていません。

ひたすら、ひたすら勝ちつづけなきゃ・・・2012年と一緒だね。

あの修羅場をくぐり抜けたんだから、やれるよ!

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 15:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:26 | - | - | - | - |









トラックバック機能は終了しました。