新聞を取り合う朝・・・ニマニマの朝

JUGEMテーマ:サッカー

 

ブログを1ヶ月更新していませんでした。

 

お盆で忙しかっただとか、暑すぎる夏だとか・・と言い訳はたくさんありますが、ま、アルビが負け続けていることが一番大きな原因ですね。

 

いつもいつも、「守備がボロボロ、攻撃は機能しない、あんなクソ試合」を見せ続けられたんじゃ、「ブログ?へっ!そんなモン書けるか」という気持ちでいっぱいでした。

 

この間に、中野社長は辞任するやら、神田センセイが強化部長に復活するやら、是永さんが専務になるやら、そうだ!監督も片渕さんに変わるなど、大揺れに揺れたアルビレックス新潟というクラブでした。

 

サポの一員でしかない我々はメディアの情報を頼りに、揺れるアルビを遠くからハラハラした気持ちで見ているだけで、今は、このことがプラスになって欲しいとココロから願っています。

 

少なくとも、是永さんが専務としてフロントに入ったことは、シンガポールのアルビレックスを一流に育て上げたその手腕と実績もあって、多くのサポが「熱烈歓迎!」していると思います。

・・・だた、今のところシンガポールと2足のわらじのワケで、無理していないかな?とちょっと不安です。

 

 

フチさんが代行から監督に就任してしばらくの数試合は、前監督との違いが全く見えず、「見慣れたクソ試合」を展開していたので、この「裏天王山」のFC岐阜戦も、期待感いっぱいで見に行ったわけではありません・・でした。

 

ところが違いましたねぇ

センターバックが時々不安に駆られることがあったけれど、それでも守備が安定しサイドバックがボールを持ちあがれるし、精度の高いクロスをあげられるし(川口万歳!・・・これが本来のアンタだよ)、マサルとカウエのダブルボランチはバランスの良い組み合わせだし(カウエは外人枠の久々のヒット、ボールを刈り取る様子や、失わないなど、レオに見えてきたよ)、河田のハットトリック!(ハットトリックなんていつ以来だろ)・・・で、5得点!!

 

5得点ですよ!

 

初得点の一つ前のプレイで、川口がボールをキープでき、前に駆け上がり、達也にパスをだしシュートを打つ・・・と言う展開があって、我々の周りでは「こんな流れるようなプレイで、シュートまで行ったのは久しぶりだぁ」と、ちょっとしたどよめきが起き、そしてすぐ同じような形でゴールですよ。

 

今朝の新聞は、取り合い・・・なんとま、ニマニマとした楽しい1週間をすごせるんですよ!

 

 

 

 

 

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 11:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:11 | - | - | - | - |









http://albi-huuhu.jugem.jp/trackback/318