ありがとう!本間選手

JUGEMテーマ:サッカー

 

「本間選手18年間お疲れ様でした」の会をくいしん坊の主催でありまして、ココロ楽しみに行ってきました。

 

本人はB級ライセンス取得の研修中だそうで、週末に帰省したところで、我々のところにご両親も含めた家族全員で来てくれました。

 

しつらえはこんな感じ・・・

 

これは床の間に下げた段幕

サポの仲間には、いろいろなスキルを持っている方がいて、いつも感心させられます。

 

一番下座にはこの大きな段幕が

いつものことながらピントが合っていませんねぇ。・・・我々の仕事はこんなモンです。ハイ

 

黒河コーチをはじめとして一緒に闘ってくれた選手達も何人か参加くださって、盛り上げてくれました。

ココに参加いただいた選手は、「来年も一緒に闘えるんだね」と安心しました。

次の日から、参加した選手の契約更改が発表され「やっぱりアルビで頑張ってくれるんだな」とうれしくなっています。

 

完全に吹っ切れた本間選手もサポも涙はなく,将来に向けての話などを聞くことが出来ました。

参加者からの記念品は「温泉旅館宿泊券」で、いろいろと片づいたらファミリー全員でのんびりしてきてくださいね。

 

 

参加者はほぼ40人・・・全員がユニ姿(ほとんど15番)

我々も、15番ユニは相当枚持っていて、新しくする度に魂のサインをもらっていたのですが・・・このユニだけはサインなし

もしかしたら、栃木へレンタルされた年のユニだったのかな・・・最後にサインを入れてもらい、宝物の完成です。

 

勲選手には本当にいろいろな思い出があります。

サッカー選手になりたてのころ、ブラジル遠征で骨折し(2回も)・・・我々が一生懸命歩いていた、スワンの中のトレーニングルームに松葉杖をついて入って来た頃、この選手の将来をみたいなぁと思わせるオ〜ラがあって、でも、鉛筆みたいに細かったなぁ。

 

秋葉さん、船越さんにいろいろとしごかれて、楽しそうだったな。

そういえば、この会への祝電にハリル・ホジッチさんからのがあったけど、あれは秋葉さんからかな?船越さんかな・・・

 

奇跡の残留と言われた2012年、Mr.アルビレックスと呼ばれ、キャプテンマークをまき、試合にフル出場していて、だんだん降格の色が濃くなったときに、頬がこけて体重が落ちた勲を見るのがつらかったな。

くいしん坊で見かけたとき「貴方が怪我をしなけりゃそれで良いからね」と声をかけるのが精一杯だったっけ。

 

栃木に応援に行ったとき、すごく頼りにされている様子がわかったけれど、「もし引退するとしたら、それはココじゃないよな」・・・としみじみと感じたな。

 

我々は、アルビが好きで好きで応援するけれど、あまり選手を追いかけて応援するチームを変えるというスタンスではありませんでした。

でも、船越選手と勲選手だけは別で、所属したチームのサポにはならなかったけれど、選手を応援に富山だ、東京だ、栃木だと遠征しました。

 

 

本間勲選手、長い間本当にすごいプレイを見せてくれて、チームのために頑張ってくれてありがとう!

貴方の進む道が、広いモノでありますように!

 

最後に、ご両親から参加者一人一人に感謝の品物をいただき、「ご苦労が多かったろうに・・・」と、本当に感銘を受けました。

 

 

さあ!これからは、チーム一筋だ

シーパスは更新したし、新しいユニも注文したしで、いつでも闘える準備はOKです。

来季のユニには番号を入れず、背中は空っぽ・・・12番くらいは入れれば良かったなと今になって反省!

 

部屋を暖かくし、蜜柑を食べながら「一緒に闘ってくれる選手はどんな選手だろう」と楽しみに待っていよう。

 

ガンバレ!クラブの皆さん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:15 | - | - | - | - |









http://albi-huuhu.jugem.jp/trackback/303