スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
火中の栗を拾ってくれて・・・そして、ホーム初勝利ありがとう!

JUGEMテーマ:サッカー

 

ここで勝たなきゃ、ひたすら引き離されるだけだ・・・と、選手もサポも「今が、正念場」と迎えたコンサドーレ札幌戦

 

アルビ1:0コンサドーレで、今季ホーム初勝利でした。

 

 

いやあ!ここまでが長かったなぁ!

 

5月5日の川崎戦での敗戦から2日で、三浦監督の休養が決まり、片渕コーチと内田コーチが臨時で指揮を取ると発表され、すぐあったルヴァンカップのセレッソ戦は0:1の敗戦、直後に呂比須ワグナー氏の監督内定のお知らせと、ホーム浦和戦の0:6という歴史的大敗と・・・ブログを更新しない間に、アレよアレよとめまぐるしい変化でした。

 

 

5月上旬頃、スポーツ新聞で「呂比須ワーグナー氏、Jリーグで指揮か?」のニュースを見たときの我々の反応は「相変わらず、大宮さんは動きが速いなぁ」でした。

アルビが、水面下でこのような動きをしていようとは・・・夢にも思いませんでしたので、三浦監督の休養が発表されても「次は呂比須? 本当かい?」と信じられない気持ちでした。

 

今は、なにかしら動いて状況を変えなきゃいけない時でしたので、三浦さんを切り、戦術の変化を求めない呂比須新監督の招聘は良い選択だったと思いますし、クラブは良い仕事をしてくれたなぁと思っています。

 

 

呂比須ワグナーさん、火中の栗を拾ってくださってありがとうございます。

 

堅守速攻を目指したチームの今の状況は、堅守のほころびがアチコチに目立って「ザルビレックス」と揶揄されていますし、速攻の方も攻撃の途中でノッキングを起こしたり、最後のシュートがなぜかポストやバーに好かれている状況ですが、選手達は自信を失っているだけで、立て直しは絶対にできると信じていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

札幌戦で体を投げ出した守備や、ファインセーブを見たことや、粘ったクリアなどが見られましたし、結果として無失点だったことや、呂比須監督になってからの練習は明るくなったとの情報もありまして、具体的な変化の兆しにうれしくなっています。

 

降格圏脱出のために、何よりもいまは連勝が欲しいときなので、この状況がより高まって行くことを切に切に願っています。

 

 

 

カナールで敬和学園高校のジャズホーネッツの演奏がありました。

彼らが演奏してくれる日の勝率がえらく高いので、期待値マックスでスタジアム入りでした。

 

今節は、亀田製菓サンクスデー

ユニフォームのハッピーターンです。

ぽたぽたおばあさんも来てくださって、盛り上げていただきました。

 

 

本日のヒーローお二人

ゴールのホニとアシストの富澤

 

本当に久しぶりの万歳ができました。これから何回もやりたいなぁと、つくづくうれしさが身にしみました。

 

 

 

最後に、オレンジではありませんが・・・庭で満開になっている紫蘭

 

 

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:46 | - | - | - | - |









http://albi-huuhu.jugem.jp/trackback/297