来年も、J1で闘えることの喜び

JUGEMテーマ:サッカー

 

 

最終戦までもつれ込んだアルビの残留劇

アルビ0:1広島で敗戦でしたが、名古屋さんも湘南さんに負けたために、わずかな得失点差でJ1に残ることが出来ました。

 

あの場にいたサポにすれば少なくともドローに持ち込んで、ジュビロさんの様に「自力」で残留を勝ち取りたい気持ちが強かったのですが、最後の交代を「大野」にしたことで、「これ以上失点しないでこのまま行け!」というチーム意図が明確に伝わりました。

 

そうですね・・・どんなにみっともなくとも、どんなに恥ずかしくとも、J1に残った方が勝ち!なのですから。

 

 

勝ち点30での残留は、おそらく史上最低だと思われますが、ニイガタの「残留力」恐るべし!ですね。

 

もしかしたら、最終戦のチケットは受験生の間で「落ちないチケット」として争奪戦になっているかも・・・

 

などと、更新する気持ちになれたのは、本当に残留できたからなのですワ。

 

 

クラブはこれからが踏ん張りどころです。

もうすでに、移籍決定だと噂される選手がいたり、ある選手にはオファー殺到とのうわさがでていますが・・・監督人事も含めて早く体勢を確定して、来年こそ闘えるチームを作ってください。

 

もうもう、この胃がキリキリと痛み、心臓がドキドキしっぱなしというシーズンは、ほとほとイヤです。

 

 

 

アルビレックス新潟は、来年もJ1で闘います!

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:14 | - | - | - | - |









http://albi-huuhu.jugem.jp/trackback/288