つらい日々が続いております

JUGEMテーマ:サッカー

 

8月21日以来の更新です。

あの日から、アルビは勝ち点1も積み上げていないのです。

十分に引き離していた・・・と、感じていた名古屋さんには直接対決で負けて、すぐそこまで来られていますし、残留をあらそうライバルだと勝手に思っている甲府さんは上に行っているしで、本当につらい日が続いています。

 

 

いえね、天皇杯はかろうじて勝っていますよ。

「たまに勝ち試合を見ようよ」と油断しながらみた関学との試合は、「勢いが違いすぎるワ、負けるかも」と、心底キモが冷えましたし、レノファ山口は「ま、勝てたね」でした。

いずれも、現場で勝ち試合を見ましたが、気持ちが晴れません

 

 

なにしろ、リーグ戦では「得点できないんです」から・・・・公式練習でFWがシュート練習しますよね。

コーチが角度を変えながらクロスをあげているシュート練習でも、あまり入りませんねぇ。

練習で入らないんですから、本番では、もっと心臓がドキドキ!とするでしょうし、ドンぴしゃのクロスではないでしょうから、ま、無理もないのですが、いつまでもネットをゆらせません。

FWが機能していない・・・って、言い過ぎでは無いですね。

 

 

中盤はすべてのボールをレオ経由で配球されるようになっていてレオの負担がとても大きいようですし、それだけ疲れているなあと思います。

アルビは、エジだのみ、マルシオだのみ、レオだのみ・・と核になる選手頼みのチームを作りますねぇ。

 

センターバックに怪我人が続出したことや、切り札となるスーパーサブがここに来て怪我をしたことも痛かったですねぇ。

 

 

吉田監督の戦術が浸透すれば・・・との望みはありましたが、なにか基本的な事柄であるパスやドリブルの精度、走り抜く走力などが欠けちゃったんじゃないかと思うようになっていますな。

 

 

クラブはその監督を、残り4試合という、ここに来て切りました。

コーチにウッチイを・・・ですが、あれだけサポに支持され愛されている彼を「ここで使うかぁ」と感じましてねぇ。

 

 

 

アルビレックスは、大きな後ろ盾がない地方のクラブです。

営業の方々が、こつこつとスポンサーを見つけてここまで伸びてきた弱小のクラブです(それだけ、今季の新規スポンサー様のAGF様の獲得はグッジョブです)

 

ややもすると「大きなバックが付いていて都市にあるクラブが強いんだ」「大きいことが良いことだ」の風潮がまかり通りそうな時代に、少しでも「地方でもがんばれるんだ」を見せるために、このグラブはJ1にいなければならないクラブです。

 

 

のこり4試合・・残留に向けて片渕新監督、内田新コーチ、選手達・・・がんばってください。

| アルビ中毒 | アルビレックス | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:44 | - | - | - | - |









http://albi-huuhu.jugem.jp/trackback/287