エジプト旅行・・・16
JUGEMテーマ:海外旅行 総合

夜にガラベイヤ(民族衣装)パーティがありました。
船のお店に民族衣装が売っていましたが、色彩の豊かさに恐れをなして購入しませんでしたが、夜はとてもにぎやかなパーティになりました。

我々のツーメンバーに誕生日の方がいらしてケーキが振る舞われたり、エジプトの家族の方々の中に小学生らしいお嬢さん達がいて、とてもかわいらしく盛り上げていただきました。

エジプトの家族の方々は2家族で、どうらや新婚さんのそれぞれの家族のようで・・・「新婚旅行に家族がついてくるかい?」と不思議でしたが、パーティのなかで「キスだ!キスしろ!」とはやし立てられていましたので、「新郎新婦の家族だよねぇ」が結論でした。


まだヘジャブをかぶらない子ども達はかなり自由なようで、我々ツアーの男性とも踊ったり、ベリーダンスをまねしたようなおどりも見せてくれました。

写真にはありませんが、中学生くらいの女の子はもうへジャブをかぶり、決して男性の方には近づいてきませんでした。


大変楽しい時間をすごしている中で、我々の部屋では少しずつ異変が起こっていました。

チェックインの時に、部屋のカードキーを2枚受け取りましたが、最初から1枚が反応しません。
1枚ありゃどうにかなるから、ま、いいか・・・と思っていましたら、2日目には2枚とも全く反応しなくなりました。

フロントに行き、磁気が消えたようなので入れ直して欲しいと申して対応してもらいました。・・・が、まだ反応しません。

カードの問題よりも本体の問題のようだから見て欲しい・・・と。こうなると我々の英語モドキではどうにもなりませんで、現地ガイドにアラビア語で話してもらいました。

フロントの人は、現地ガイドに恐縮しながら電池を持ってきまして、2本取り替えて行きました。
そしたら、カードが反応するんですねぇ
そうか、電池切れかぁ・・・「2週間に1回全部取り替える」というメンテナンスをしていないんだなと思いましたが、動くからま、いいや・・・でした。

そして、パーティの夜です。
また、カードが反応しなくなりまして「どういうコトなんだ」と強く申しましてら、また電池を持ってきまして・・・全部で4本入っていたのに、先回は2本だけ取り替えたのです。

しかしねぇ・・・アバウトにも程があるよと思いましたねぇ。

ところが、こんな使い方をしたせいか、本格的に故障してしましまして、機械にPCを直結させて直接プログラムからでないと動かなくなってしまいまして・・・最後の夜なのに、部屋を変わるかというハナシになってしまい、楽しかったパーティがぐだぐだに。

ドアは中からは開くんですが、外からは開けられないと言う状態で、貴重品さえ持っていれば、次の日は帰るんだからと我慢することにしました。

実は、そのときの船の対応が不満なのです。
船のマネージャーは、現地ガイドと添乗員に対してひたすら謝っていましたね。
ところが、我々には謝罪がありませんでしたね。

添乗員は日本に帰って「あの船会社はもうやめましょう」と言われれば大変でしょうし、現地ガイドはそれなりに力があるようでした・・・ので、マネージャーにすれば怖い存在でしょうねぇ。

被害は我々が被ったんだけどなぁ・・・と、これもまた国民性なのかしらんと思っています。

今回はちょっと愚痴が入りましたが・・・つづくにします。
| アルビ中毒 | 旅行 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:25 | - | - | - | - |









トラックバック機能は終了しました。