熊本地方の大震災にあわれた方々に、心からお見舞い申し上げます
JUGEMテーマ:サッカー

熊本地方、大分地方で震災に遭われた方々に、こころからお見舞い申し上げます。

出身が中越地方の我々にとって1階が押しつぶされた家屋の映像は、中越地震、中越沖地震の悲惨だったことが覆い被さったり、これからの困難が想像されたりで、胸がつぶれる思いです。

まだまだ余震がつづくようで不安が大きいと思いますが、声を掛け合って、助け合って乗り切ってくださるよう祈っています。

仲間にロアッソ熊本がいるサッカーファミリーは、各クラブが早速募金活動を始めているようで、心強い気持ちです。

アルビでも、ホームゲームで早速募金をするそうで、すこしでも役に立てることをしたいなと思っています。




アルビは、前々節がPK2発に沈み、前節はオウンゴール選手の活躍で沈み・・・で、浮き上がりそうなんだけれど、浮けない試合がつづいています。
「今年は、本当にガマンの年になるんだな」と広島戦をみながら、「勝ち試合を見たい」というココロに言い聞かせました。
 
| アルビ中毒 | サッカー | 11:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
練見です・・・A代表ですが
10月8日は2年ぶりにビッグスワンでキリンチャレンジカップの試合があります・・・が、残念ながらチケット難民になりました。
先行販売も一般販売もすべて逃してしまって、ゴートクの活躍を見られなくて悔しいです。

そんなこともあって、公開されているA代表の練習を見に行ってきました。

一部飛行機の都合で遅れた選手もいたとのことですが、昨日から新潟入りしている選手達
昨日は台風の影響で雨の中の練習だったようですが、今日はひんやりとはしていますがピーカン・・・練習日和です。

昨日の練見の人数は300人程度
本日はこんなにたくさん

帰り道に撮りましたので逆光で見にくいですが、メインの席がほぼ満席
代表戦はやっぱり客層が違いまして、「本田選手こっちをむいて〜」と黄色い声がかかったりしていました。
この方々から、アルビの試合に来てもらいたいなぁと・・・・しみじみ

4時から練習が始まりましたが、ランニングから始まるんだろうなと思っていましたら、いきなりボールにさわる練習なのにはびっくりしました。
一つのメニューは短めで、終わる度にストレッチをしていて「なるほど、コレがアップなのかぁ」



金髪の本田選手とひときわ背の高いハーフナー選手はわかりますが、双眼鏡を忘れた我々はどれが誰やら・・・さっぱりで

しかし、そんな中でもこの人だけはわかります
この背中は、ゴートクです。

練習は、真ん中にフリーマンを入れてパスをつなぐ練習や、狭いところにゴールを立てて真ん中でボールを奪うミニのゲームなどをやっていましたが、日が落ちるとともに寒さがきて、「よし、帰ろう」になりました。
出待ちをして「サインをもらおう」という気もありませんでして。


明日の水曜日は非公開練習だそうで、その準備が万端整っていました。

市陸を取り巻いている高架の歩道から見えないようにシートが張り巡らせてありました。

10月8日のジャマイカ戦・・・良い試合をして勝ちますように。
ゴートクが使われて、活躍しますように・・・。


県民会館の上に浮かぶ月

明日は満月
そして、皆既月食だそうです。
どうやら天候は晴れのようで、月がかけていく様子が見られそうですねぇ



 
| アルビ中毒 | サッカー | 23:32 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
さて、七夕ですが・・・
W杯に日本が敗退してからは、メディアの方は潮が引いたように静かになってしまっておりますが、ここまで来るとどこが優勝してもおかしくない国が残って、大変におもしろい試合が見られます。

なんと言っても、選手それぞれの技術の高さや、チームとしての一体感、そして監督の選手交代の意図・・・などなど、見所満載です。

びっくりしたのは、延長後半のロスタイム入り寸前でGKを交代させたオランダの采配にはしびれましたネ。
だって、PKのためだけに交代枠を1枠残しておくなんて・・・おまけに第3GKをPK用に訓練しておくなんて・・・底なしの用意周到さですワ

こんなことがあるから、早起きは何ともつらいですが、どこが優勝するんだろうとワクワクしながらみています。


W杯のおかげで、Jリーグは長〜い中断期間をすごしていまして、「おらがチーム」の試合をみられないつまらなさを体感しています。

週末に行われて、モバアルのテキストを見ながらドキドキしていて、逆転勝利に狂喜乱舞した、プレシーズンマッチの仙台には行けませんでしたし、この週末にある天皇杯2回戦のサウルコス福井との試合も行けません。

おまけに、19日に行われる再開初の試合であるレッズ戦も不参戦なので、23日のF東京戦までアルビの選手達をみられないのです。

週末にアルビの試合がないってことは、本当に張り合いのないことですねぇ。


さてさて、今日は七夕
七夕に限って雨模様になるのは、星のデート見せたくないという天の配慮なのでしょう。
雨雲の上で、楽しい時間を過ごされていますように・・・

そして、「家族の健康とアルビの躍進」という願いが、聞き届けられますように・・・・





 
| アルビ中毒 | サッカー | 11:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ジンスのこととか・・・そうだ!W杯のこととか
ブログをあまり放置しすぎると、先頭が広告だらけになってしまうんですねぇ。
そうか5月は1回も書いてなかったのかぁ・・・と、我ながら放置ぶりにあきれました。


 ネタは結構あったような気もするのですが・・・5月はあまり参戦できなかったこともありましたし、楽しみにしていたアルコールたっぷりの大人の遠足(秋葉・船越応援のくいしん坊ファミリーツアーですが・・・)にも急遽一人参加できなかったりでね(ものすごい、いいわけですねぇ)


この間の大きな出来事といえば
やっぱり、キム・ジンスのドイツ・ブンデスリーガのホッフェンハイムへの移籍でしょうね。
 モバアルメールでお知らせが来たときは、「ああ、やっぱり」と思いましたし、W杯からの離脱したので早めの発表になったのでしょうね。

サポもウスウスわかっていて、だからこそスワンで大きな歓声で送ってやった・・・んでしょうね。

戦力から言えば、サイドバックがいなくなるのは「本当に痛い」んだと思いますが、この移籍は心から「がんばれ!」と応援したいと思っています。
ジンスは移籍金も残してくれて・・・ありがとう

これでアルビは「韓国の若手選手を育成できるチーム」であると、お墨付きを得たわけで有望な若手が門前市をなすようになるよ・・これからは。


できることならば、ヨンチョルもこんな形で送り出してやりたかった・・・と思います。



今まさに戦いのさなか・・・・ワールドカップ
なによりも、W杯の観戦を機会にして、Jリーグに興味を持ってくれる方々が多くなることを期待しています。

なんでも、某J3のある地域では、そのチームの試合より遙かに多い方がパブリックビューイングに集まったそうな

W杯では「ニッポン、ニッポン」と叫ぶように、Jリーグでは心の底から「私はこの地域を愛している」と叫べるのです。

根本のところは同じですので、ぜひ試合に足を運んでください。

すべての選手がW杯の出場を目指しているわけで、大変おもしろい試合を見ることができますしね。

ま、メッシとかクリスティアーノ・ロナウドとかネイマール選手などとは比べちゃいけませんが、代表に選ばれる可能性のある選手がごろごろしていますよ。
(代表選手というのは、時の監督の戦術にあった選手が選ばれるわけで、選ばれなくとも技術の高い選手はいっぱいいるのです・・・それを見つけるのは、あ・な・た  です)


それはともかく、酒井高徳選手がW杯のピッチに立てますように!






| アルビ中毒 | サッカー | 15:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
秋葉・船越に会いに行ってきました・・・富山まで
中断前の、川崎戦は遠征していろいろと写真を撮ったりしたのですが・・・悔しかったり、タイミングを逸してしまったりで、更新しませんでした。

今日はアルコールたっぷりの、大人の遠足へ行ってきましたので、その様子などを少々・・・


新潟市西区にアルビサポの集まる「くいしん坊」という定食屋さんがあります。

アルビがまだJ2にいて、選手達が西区のアパートに多く住んでいた頃、当然選手寮がないので食事は選手達が自ら作らざるをえないことに・・・作れない選手達が多かったので、くいしん坊さんが食事の面倒をみていました。 

ご主人と奥さんの人柄から、選手達に大変慕われた定食屋さんでして、お値段に比べてボリュームもあって大変に美味しいんです。

ファビーニョは、ここの「しょうが焼き定食」が大好きでした。

そんなことで選手達が食事に来れば、顔を見たいサポもそこに集まる・・・という状況ができていました。

今は選手寮が完備されて、独身の選手達は来なくなっていますが、食事をしながらアルビの話をしたり、試合が終わると何となくサポが集まって反省会をする・・・という状況は続いています。

その中で、大体が飲みながら「ファビに会いたいね」とか「船越はどうしているだろう」というような会話から「会いに行こうか」とバスをチャーターして出かけることが何回かありました。

くいしん坊ファミリーツアーです


今回は「秋葉と船越が一緒にいるし、コチラは中断期間でサッカーに飢えているし・・・」ということで、行ってきました富山まで。


バスが競技場について、急遽手書きで段幕を作成して、入り待ちです。


出来上がったのがコレ!


J’sゴールのカメラマンが寄ってきました。ネタを見つけるのがウマイですねぇ
早速抜かれました。


船越コーチです。
公式練習で大きな声で指示をしています。



試合は、そうですねぇ・・・押していながらクロスの精度がイマイチだったり、ミドルがあさっての方へ飛んでいったりと、どちらもゴールが割れないという、もどかしい内容でしたね。

それでも、秋葉・船越の元気な様子を見られただけで、ファミリーツアーの面々は満足して帰ってきました。

いろいろとご配慮をいただいたWさん・・・ありがとうございました。
| アルビ中毒 | サッカー | 23:42 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
100勝!
ロンドンオリンピックの、なでしこやUー23サッカーで、寝不足の日々が続いたことや、ホームで勝てないのに、アウェイで勝ち続けていることや、そうだ!今日の鹿島戦で通算100勝になったのだ!
・・・と、本当に久しぶりに書いています。


実は、PCの調子がエラク悪く、1字打つのに、不思議なが文字が6個くらい続けて出現します。
こうなると、デリートキーでも、バックスペースキーでも関係のない文字が出てきます。

不思議なことに、お医者さんがくると全く何ともないのです。

3回くらい見てもらっているのですが、ひとりで打ってるときに限り、関係のない文字があふれ出て、本当にイヤになるくらいです。

これだけの文章を、30分以上かかってイライラしながら書いています。


「キーボードかなぁ」と、本日も、お医者さんが相当乱暴に叩いたり、いろいろな打ち方をしたりと、粘ってくれたのですが、全然反応しませんでした。

ところがどっこい、お帰りになって「大丈夫のようだから、久しぶりにブログを書こうか」と向かったとたん、またまた、またまた、カギ括弧とピリオドと英字のZが際限なく吹き出てきて、全く進みません。

こんな状態ですので、更新は間遠になりそうですねぇ。
| アルビ中毒 | サッカー | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
アレが世界一のサッカーかぁ
クラブワールドカップの決勝を、テレビ観戦ですが食い入るように見ていました。

サッカーを観戦するようになってから、「サッカーはミスをするスポーツだ」と耳にたこができるくらいに聞かされてきました。

確かに、ロングパスのトラップが大きくなってかっさらわれたり、ドリブルでボールに力が入りすぎ相手選手とすれ違いざまボールを持って行かれちゃったり、サイドチェンジのパスを絡め取られたり、遠目のシュートはほとんど高い軌道でゴール裏まで一直線に飛んでいく・・・なんてのは、日常茶飯事でしたので、あの言葉はとても説得力がありました。


ところが、バルセロナの選手達は、パスミスも、トラップミスも、ほとんどありませんでしたし、はたまたシュートミスも少なかったですね。

体はどれだけ、ぶれないように作り上げているのか・・・あれだけスピードを上げてドリブルを仕掛け、サントスの選手が足を出して止めようとしても転ばないんですよね。


流れるようにパスがつながり、画面の一方向に選手が一斉に走り出す・・・これが完成されたバルセロナのサッカーなのだ・・・と一人で興奮していました。

4対0というサントスにすれば屈辱的とも言えるスコアでしたが、テレビで見ている限り納得できるモノでした。


いつの日か、アルビがあのようなワクワクする試合をしてくれる日が来ることを・・・強く強く希望します。



行く人は発表がありましたが、来る人・・・なかなか発表がありませんねぇ。

それにしても、ヘッドコーチはまだですか?
| アルビ中毒 | サッカー | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ブルーの4万人・・・代表戦
代表戦が新潟で開催されるのは、本当に久しぶりでした。
おまけに、代表戦の前座試合がU−22のオーストラリアとのフレンドリーマッチという贅沢さに加え、代表戦のチケットでUー22の試合も見られる・・・ですよ。

まるで、「一粒で二度美味しい」(未だに、二度美味しい理由がわからないんですが・・)というグリコのようですよ。
アルビから、U−22に2人も入っていましたし、 A代表に東口が選出されていましたしね。これは、出かけずにはいられません。


天気は味方をしてくれず、残念ながら雨模様
オレンジのポンチョじゃ、まずいだろうな・・・と、透明ビニールコートを詰め込み、ユニは、悪いかなぁとは思いましたが、オシムさんの青いTシャツを引っ張り出して、着込みました。

さ、準備万端です。
駐車場は、各県ナンバーがそろい踏み・・・遠くは大阪もあったようで、やはり代表戦ですね。

観客層も、なんとなくいつもと違う方々がおいでになっているようで・・・キャピキャピとした、高校生か大学生か若い女性のグループが目につきました。

幾組かのグループから、写真を撮ってくれって声をかけられましたので・・・人畜無害というオーラがそこはかとなく漂っているんですね、我々には。

こんなパネルがズラーと貼ってありまして、記念撮影のメッカになっていました。


皆さんが着ているユニの背中は、圧倒的にウチダ、長友、遠藤、長谷部が多かったようですが、たまには中田、カズってのもありましたので、オシムさんでも悪くはないか・・・ウン

代表戦だけ観戦する・・・って方も多いようですが、一度アルビの試合を見においでになりませんか。


最後の最後で、ゴートクが離脱したとは・・・代表ユニのゴートクをスワンで見られなかったのは残念だけど、ま、フレンドリーマッチだからね。今は無理をする時じゃないよ。

Uー22の試合は、最初の入りは選手の動きが堅くて、あれよあれよで失点し「どうなることか」と思いましたが、前半ロスタイムに同点にしてからは、本来の動きを取り戻したかのようでした。
結果、3:1で日本の勝利
選手個々体格差は、圧倒的にオーストラリアの勝ちですが、サッカーって体格だけじゃないですからね。
動きのあるおもしろい試合でした。


さて、A代表戦
ペルーの大使館ががんばったのか、沢山の方から新潟に来ていただきました。


中には、間違えてホームゴール裏を買っちゃった方もいたようで、セキュリティの方から2階席のバックスタンドぎりぎりの席に案内されていました。(ま、バックスタンドにいた我々のすぐ脇でした)
「ココではペルーの応援は出来ません」と懇々と諭されたようで、U−22の時は、ペルーユニでにぎやかだった彼らも、代表戦が始まったら、上着を着て静かに観戦していました。

代表戦は、国歌斉唱など厳粛な始まり方は、独特の雰囲気があって良いですねぇ。
石井竜也さんの君が代を聞けるなんて、それこそ三度美味しい瞬間でした。


試合は、スコアレスドローでしたが、西選手がスタメンでしたし、長友選手が交代で入ったときの歓声のものすごさや、終盤の川島選手の神が乗り移ったかのようなセーブぶりなど、楽しみました。

そうですね。代表戦は、純粋にサッカーを楽しんだという感じです。

でも、物足りないのですね。
アルビの試合は、ワクワク感80%にドキドキ感15%、そしてピリピリする焦燥感が5%くらいあるのですが、その5%の焦燥感が、料理の香辛料のように効いているのです。
代表戦は、スパイスの足りないカレーのような感じでした。

それにしても、4万人弱のビッグスワン
この雰囲気を取り戻したいねぇ
| アルビ中毒 | サッカー | 15:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今更ですが・・・韓国戦
今更ではありますが、アジアカップの準決勝韓国戦のコトなどを

これだけ若い選手をそろえながら、よくココまでの戦いができているなぁ・・と本当に感激した内容でした。

なにしろ目が離せず、ビールを飲んでいたにもかかわらず、トイレに立てなかったですからねぇ。
延長戦の前、「今だ!」とトイレの争奪戦をやったくらいですから。


日常的にサッカーに関心の無かった方々も、この試合からは目を離せなかったようで、水曜日にあった会合では、かなりの人が「ふあぁ〜」とあくびをかみ殺しておりました。

そして「あの川島ってキーパーはすごい集中力ですねぇ」などと話しかけられ、「あの選手もアルビが育てたようなモンでして・・・」と昔を思い出しながら、笑いを含んで答えるなど、久しぶりにサッカーのハナシができました。

この中に、現役のアルビの選手がいないことがとても残念ですが・・・永田がんばれ!今野を追い越さなきゃダメだぞ。(1月いっぱいは、アルビの選手だからね)

30日の午前12時から、決勝戦のオーストラリア戦
県外に出かけているので、ホテルのテレビで見るしかないかぁ・・・・






 
| アルビ中毒 | サッカー | 16:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |