アルビカラーの雲とプラネタスワンに酔いしれた夜・・・の大宮戦

JUGEMテーマ:サッカー

 

今までアルビが勝ってスタジアムから気分良く帰るって試合は・・・ま、どちらかといえば、おつかつの位置やアルビより低い位置にいチームが多かったような気がします。

 

それに引き替え今節の大宮戦は、順位は遙かに上ですし、何よりも4ヶ月も負けなしで新潟入りをしてたんですよね。

 

 

この土曜日は、予定が3つ入っていて(3つめがアルビなんですが)、朝も7時半から飛び回って公式練習のちょいと前くらいにスワン入り、安さんのトークなど魅力たっぷりのイベントには全然参加できず・・・でした。

 

 

試合の入りは大宮さんペースで、何回もゴール前まで攻め込まれること攻め込まれること・・・昨季シーズンは全然勝てなかったことが脳裏に浮かび「今日はこんな試合をず〜と見ることになるんかしらん」と不安感いっぱい。

 

その流れのままで、17分大宮のシモヴィッチ選手に世界規格と言っても良いほどの豪快なヘディングシュートを叩き込まれて先制されました。

アレはなぁ・・どんなキーパーでも取れんわナ

フリーにジャンプさせちゃったところで「やべぇ」ですよ

 

それからのアルビはスイッチが入ったかのようで、パスを繋いでエリアまで運べたり、フランシスがカウンターを仕掛けたりと攻撃のバリエーションが増えて、得点の香りが漂いはじめ・・・高木の代表クラスのアーリークロスにレオナルドが合わせ同点に・・・前半のうちに追いつけた!!

 

後半に入れば、大宮さんは前線にスピード感がなく、互角と言うよりも少々アルビが押していたように思え、59分に絶妙なタイミングでフランシスが抜け出てゴール!!・・・勝ち越しだ!!

 

それからの大宮の監督さんは、前線にスピードのある選手を投入し得点を狙ったようですが、アルビも貴章やヨンチョルを交代で入れて、終盤の猛攻をはねのけてのアルビ2:1大宮でアルビの勝利!

 

今季シーズン前半の最後の試合を勝利出来たことは、必ず後半戦につながると信じています!

 

 

ぎりぎりのスタジアム入りでしたが、亡くなったターレスへの感謝の意だけは伝えたいと思っていまして・・・

飛行機で24時間もかかる遠い新潟で、ターレスに感謝しているサポがいるってことで、遺族の方々のお気持ちが和らぎますようにと祈らずにはいられません。

 

 

試合開始は19時

公式練習の時間帯は、まだ夕日がスタジアムの縁から差し込んでいまして・・・

 

太陽が沈みつつ・・雲がオレンジに染まり・・・

 

段々と、オレンジから青に変わって行き・・・・

 

最後は、青一色になり・・・

三日月がきれいです。

 

こんな写真を撮っていた時にシモヴィッチ選手にやられたんですワ(この試合に負けていたら、写真のアップはしなかったろうなぁ)

 

そして、本当にヒットだと思ったプラネタスワン

すこし照明を落とした中でのゴール裏

ハルヲスィングの時に、守田ダンスのように同じ方向に揺れたら、もっともっとインパクトがあるように(相手のチームサポが見たくないのに、見ちゃうように)なると思います。

 

闘い方は、まだ完成!はないかもしれませんが、大宮さん相手にココまでやれたことに、大きな希望を持っています。

後半に向けて、走り続けましょうぜ!

 

 

 

 

 

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 11:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
雨のスワンでの勝利!・・・栃木戦

JUGEMテーマ:サッカー

 

1ヶ月半も更新していませんで・・・「この勝利で更新しなきゃ、いつするんだい?」という気持ちになっています。

 

山口さんに勝ってから怒濤の4連敗で、おまけに2対0で勝っていた試合なのに、逆転されて敗戦という絶望感いっぱいの負け試合を目の前で見ちゃうと「ブログ!?へっ!んなもん書いてられるか!」という気持ちになりましてね。

 

でも、サポって不思議です。どんなひどい敗戦でも、次の試合はちゃんと自分の席に座っていて、「ガンバレ〜!はしれ〜!」と声をからしているのですから。

 

 

さて、栃木戦

栃木さんもあまり調子が上がらず、アルビと似たか寄ったかの地位にいますので、アウェイ岐阜戦に勝利したアルビは、ココで勝利できるかは結構重要だなと思っていました。

 

栃木さんの黄色を見ると、勲がお世話になったときにスタジアムに行ってタオマフを購入したことや、勲の引退試合にはサポさんも来てくださったことが懐かしく思い出します。

 

昨年は2試合ともしっちゃかに負けているので・・懐かしさはその辺において、今年はリベンジしなければ・・・です。

 

さて試合・・・

低気圧の影響で風が強く、前半は「風下に攻撃する」というセオリー通りに、いつもと逆の位置取りで「前半のうちに得点するよってことだね」と思っていました。

栃木さんのプランは「前半は耐えて、後半に勝負」のようで、前半からかなり攻めることが出来ていました。

栃木さんの30番が少し後追い気味で、主審から注意を受けていて3回目でイエローカードが出され、これが後半のレッドにつながりました。

 

期待した前半は、「攻めているけど無得点」という見慣れたパターンでしたが、この試合は選手の距離感もよくパスもつながり、後半にいけるカモと期待できる内容でした。

 

52分にイエロー累積2枚でレッドカードが出され栃木の選手が退場でして、それからは押す一方の試合となり、61分にはエリア内でのファールでPKゲット・・・ま、これでほぼ勝利が決まったと思いましたね。

 

74分には流れから、詰めていたフランシスのゴールで突き放し、後は走り回ってスペースをなくす選手の投入で逃げ切り・・・ああ!勝ったぁ!

 

 

本日は、亀田製菓サンクスデー

なんと言っても、アルビの創世記からスポンサーをやってくださっている会社です。

 

本当に感謝です。

 

恒例の今年度の新入社員51人の皆さんがボランティアを勤め、バンダナもハッピーターンもいただきました。

 

本日のハイライト

ホームゲームで勝利したら、照明を落としてペンライトを振ろうという「プラネタスワン」

本日から売り出したライト

ストラップがオレンジと青がありまして、微妙に違っていてまた良いのです。

 

点灯させるとこんな風になりまして・・・12色とか14色とか

これはオレンジです。

 

そして、ゴール裏はオレンジと青ですごくきれいでした。

 

今シーズンのこれからの試合で、このプラネタスワンを何回も何回も見られますように・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
オレンジダービーに勝利!・・・の、山口戦

JUGEMテーマ:サッカー

 

突き抜けるような青空の5月4日の山口戦

米どころの広大な新潟平野は、水田に水が張られ田植え真っ最中です。

 

サポーターの多くを占める農家の方々は、おそらく参戦できず・・・ですが、観客数が2万人を超えました。

ビッグスワンの大きな箱にサポの声が屋根に反響して響き渡る力は大きいモノがありまして・・集客に力を入れてくださったクラブの皆様グッジョブです。

 

そして、サポーターも渾身のコレオグラフィで選手の後押し・・・コレオと一緒の「アイシテル ニイガタ」のチャントには体が震えました。

「PRIDE of NIIGATA」のコレオ

バックスタンド2層からはこんな風に見えましたが、一番よく見えるのは、おそらく山口さんサポの位置ですな。

 

企画をし、フォント計算をしてくださった方、そして当日シートを席においてくださった方々に感謝です。

そうだ!シートの手入れをして、保管してくださった方々にも本当に感謝です。

 

 

試合は、アルビ2:0山口さんで、アルビの勝利!

前半は、山口さんのパスミスが目立ったこととボールへの執着が少し淡泊な様子が見えて、アルビペースで2得点

 

山口の霜田監督がハーフタイムでちゃぶ台返しをやったのかどうかわかりませんが、前半とは変わってかなり危ない展開になりましたが、しのぎきって失点0に押さえることが出来ました。

 

GKの指先ではじくなどの大谷の神がかったファインセーブなどもありまして・・・本日のヒーローが大谷

キーパーがヒーローってのは危ない試合が常識ですが、本音を言えばそれぼど危険な感じは受けなかったですね。

 

 

 

山口さんのことだからどうでもいいことなんですが、ボールに対して追いかけないってのが気になりました。

後半ロスタイム残り1分のプレイ

アルビ側でそのままゴールキックになるなと言うプレイに、追いかけていたら、もしかしたら、もしかしたら山口さんのマイボールになるかもしれないタイミングなのに、だれも追わずそのままアルビのゴールキックに・・・我々は「追いかけずありがとう!」と思わず声が出ましたね。

 

試合時間残り1分で、もしアルビの選手がこんなプレイをしたら、間違いなく我々は怒るね!

 

 

GWの最終盤

子ども達へサービスがてんこ盛り

うんこドリルのうんこさんが来たり(うんこ漢字ドリルで「うんこを清潔なタオルで包む」ってのあってね。空想してタオルがダメになるなぁと思っちゃったんですよ)こんなエアハウスが来たりで、とてもにぎわっていました。

 

やっとドロー沼から拭け出しましたが、まだ1勝

これから勝ち点3を積み上げていきましょう!

 

 

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 11:00 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
遅ればせながら・・・アルビレックスチューリップです

JUGEMテーマ:サッカー

 

監督が変わり、そこそこな闘い方をしているアルビです。

負けはしないのですが、勝てません。

 

4試合連続にドローで、スコアが8節の岡山戦は3−3、9節の山形戦は2−2、監督が変わっての10節の東京ヴェルディ戦は1−1,11節の水戸戦は0−0・・・と、ま、段々失点が少なくなってきてのドローだよ。(得点も少なくなっているのは、気にしない!)

 

このパターンから行けば、次は必ず勝つね・・・と、どこまでも脳天気なアルビ中毒夫婦です。

 

 

令和になっての初めての試合は、ゴールデンウィーク終盤に近い5月4日のレノファ山口さんとの試合です。

今季はなかなか日程が合わず、参戦できなかった人たちが多かったのですが、我が家全員の参戦です。

 

 

4月20日前後から、ツィッターでは「アルビレックスチューリップが咲いたよ!」を見かけましたが、我が家のアルビレックスは連休にやっと間にあって咲いてくれました。

玄関先のプランターです。

少し細身で華奢で、前夜の雨に叩かれて、花びらが下がってしまいましたが、けなげです。

 

裏庭の隙間に咲いているチューリップたちです。

地植えだけに葉も花も大振りで、オレンジのグラデーションが見応えがありますね。

来年のココはアルビレックス一色になる予定です。

 

 

チューリップのアルビレックスも咲いたし、そろそろ加速をして勝利を積み上げていかないと・・・ガンバレ!

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 11:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
お花見日和のスワン・・・で、もぎ取ったドロー

昨日の山形戦は、最終版に追いついて2:2のドロー


ホームで、なかなか主導権を握らせてもらえない試合を見るのは、精神的に応えますねぇ。


終盤にカウエ、レオナルド、シルビーニョ、フランシス、と外国人枠いっぱいに使うって、「なにがなんでも得点しろ」と強力なメッセージが伝わりましたが・・・ソリさんの最後の年に、エジミウソン、ファビーニョ、アンデソン・リマと3人並べてほとんどの得点をとらせた2005年を思い出しちゃったよ。

 

そんなことで後半の終わり近くは、「前4人にあてろ!」でDFからポーンポーンとのロングボールが上がって・・近くのサポさんが「大昔のヒサト走れの広島サッカーだな」と少し大きめな独り言が聞こえました。

 

でも、この外交人枠いっぱい使って得点をねらうって戦い方は、カンフル剤みたいなもので、1シーズン通して築き上げたものにはなり得ないのが不安です。

 

もうちょっと別な引き出しがないかねぇ監督!

 

うれしかったことは、2試合続けて「リョーマ」の突き刺さるゴールが見られたこと
押されながらも、どうにかドローをもぎ取ったことですね。

 

 


スワンやカナール付近の桜がほぼ満開でサッカー観戦だけでなく、お花見の方もちらほらとおられて・・・当方は山形サポの親戚3人とカナール近くでピクニックを楽しみました。

 

中でもお一人はスワン初参戦で、ワールドカップ仕様のスタジアムとカナールや公園の芝生や木々などの周囲の景観をほめていただき、うれしかったです。

 

カナール脇の桜

山形のサポさんも沢山来ていただき、桜を楽しんでいただけたようで

 

遠くの飯豊連峰の残雪と手前の桜

この季節のとっておきの風景ですね。

 

 

昨日の試合を振り返りながら、更新していたら「片渕監督 解任!」のニュースが・・・

昨日の試合で、監督の取った非常手段が気にはなったんだけど・・・思い切ったねぇ。

| アルビ中毒 | アルビレックス | 12:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
新潟は春です!

JUGEMテーマ:サッカー

 

「さあ今年も始まるぞ!」って書いてから2ヶ月近く更新していませんでした。

 

アウェイは行けませんでしたが、ホームは参戦していたんですが・・・ホームでなかなか勝てませんでねぇ。

いえね、アウェイはそこそこ勝てていたんですが・・特に第2節の千葉戦で4:1で勝ったときなどは、家でダンスを踊っていましたモン

 

3月のホームの試合は、守備も整理されて良い試合をしているなぁと思っていましたが、どうにも決定力ってヤツがちょっと不足しているようで、最少失点で負けを2試合見ました。

 

「どうして1対1をはずすかなぁ」や「もうちょっとなんだけどなぁ」と、言い合いながら帰宅して、PCを立ち上げる気力が失せていました。(ハイ!言い訳です)

 

 

4月3日の平日ナイトゲーム
4月というのに、雪が舞う恐ろしく寒い日でした。
「明日あす新学期を迎えるよ」の人たちや、「新年度に突入して修羅場です」って人たちは来られず、我が家もピンでの参戦でした。

 

そこで、あの突き刺さるシュートを見ちゃったんですよ


寒さ対策に、身動きできないほどに着込んでの参戦でしたが(それでも寒かったんです)・・・天にも昇る心地でした。

 

 

守備はOKだなと思っていたのですが、前節は3対3のドロー
後半ロスタイムに失点するお家芸の「ガタル」を、ファジアーノさんがやってくださって、同点に追いついて勝ち点1をもぎ取ったのは見事です。

 

でも、得点直後に失点するクセやフリーにさせちゃって、良いクロスを上げさせちゃうなど、もう少し失点に絡む要素を少なくするような練習を重ねていただいて・・もうちょっとだね。

 


13日の山形戦は、カナールの桜が見頃をむかえるとか・・・山形サポの親戚が参戦する予定で、お互い良い試合をしてくれればなぁと思っています。

 

 

昨年の初冬に植えたアルビレックスチューリップです。

少し葉先がとがっていて全体に細身の姿で、さすがにユリ咲きの品種ですね。

もう少しでつぼみが見えてきます。

このチューリップが、新潟のアチコチで満開に咲く日が早く来ますように!

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 11:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
シーパスも新しいユニも届いて・・・さぁ今年が始まるぞ!!

JUGEMテーマ:サッカー

 

2ヶ月近くブログを更新していませんと、ログインIDだのパスワードを入力するとき、指先がキーボードを游ぐありさまで・・・なんとも情けないったらありゃしません。

 

世の中は、インフルエンザが下火になりつつあるよ・・・とのことですが、流行物には数周回遅れでも無駄に頑張る者としては、早速A型に罹患しまして・・・ちょっとゾクゾクするなぁから一気に39度まで熱が上がり、大層苦しみました。

熱が下がってからも、口の中の粘膜をはじめとして消化管の粘膜がやられたみたいで、このくいしんぼうが「食べられない」という状況が続きまして、すっかり体力を奪われ「外出?・・・無理だよ」と、本当に大変でした。

 

皆様も、このような流行にはお気をつけられますように・・・・ちゃんとA型の予防接収していたし、手洗いうがいは欠かさなかったつもりなんですがねぇ。

 

 

そんなことはさておき・・・2日程前に、シーパスと新ユニが届きました。

アルビサポの皆様は、激励会で今シーズンが始まった!と思われた方が多いのでしょうが(ま、例年ですと我々だってそうなんですが・・)残念ながら激励会は参加できず、シーパスが届いた今がシーズン突入です。

 

と言っても、開幕からのアウェイ2連戦は参戦できませんで、3月9日のホーム開幕戦が我々の初観戦となります。

財政的にも、精神的にも背水の陣で臨んでいるアルビの戦士達、背中を押すサポだって本気モード全開でシーズン突入ですね。

 

 

アルビカラーで、タウンで使えるモノが欲しいと常々考えておりました。

オフィシャルのモノは、どう見ても「サッカー」で、普段使いにはちょっとなじみにくいと思い、さがしました。

香川県の手袋メーカーさんなのですが、ウールなのに値段も手頃で、色の組み合わせが完璧なアルビカラーなのです。

 

届いてまだ間もないのですが、ここのところ、このマフラーばっかりを使っています。

使用感たっぷりですが、ロングのマフラーと手袋、リストマフラーです。

スタジアムで、手袋は拍手をするのにじゃまですが、このリストマフラーなら、まだ寒いホーム開幕戦に使えそうだな・・・なんて、楽しみにしているところです。

 

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 11:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
アルビレックスが届いたぜい・・・チューリップだけど

JUGEMテーマ:サッカー

 

新潟県花卉球根農業協同組合の通販で注文をしていた「アルビレックスチューリップ」の球根が届きました。

 

このチューリップは、新潟県の試験場が育成したオリジナルの球根で愛称を「アルビレックス」とつけたものです。

 

色はきれいなオレンジ色で、花弁の先端が少しとがっていて百合咲きといわれている可憐なチューリップです。

 

2013年のホーム開幕戦の時に、ご来賓の方々へこのチューリップの花束が贈呈されていました。

 

あれから5年がたち、昨年には西区役所にプランターで咲いているのがあったり、越後丘陵公園に咲いていたりとちらほら見かけましたが、やっと市場に出回るようになったんですね。

 

一部はプランター植え、残りは庭に植えてオレンジの花畑を楽しむことにします。

 

球根農業協同組合のホームページによると、5球入りが残り29袋・・・だそうですよ!

 

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 11:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
すごい試合を見ちゃったなぁ・・・の、町田戦

JUGEMテーマ:サッカー

 

J2リーグ39節の町田戦は、アルビ2:0町田・・・で、アルビの勝利

これで、スコアレスドローを2戦挟んで9戦負けなしです。

 

この出来上がったチームをみて、「チームとして、良くここまで変われたモンだなぁ」と、しみじみと思いましたねぇ。

今なら、どのチームと対戦しても互角以上の闘いをしてくれそうな気がします。

 

町田さんとは、コンパクトに陣容を固め、縦に早くボールを動かすという、同じような闘い方をしてるようで、バックスタンドの2層から見ると、オレンジと白の選手がひとかたまりになっていて、まるでイワシの群れが固まりになって動いているような感じに見えました。

 

連敗していたときは、各選手がそれぞれ自分の一番良いポジションでボールを受けたがっているように見え、足下にボールが来るのを待っていましたが(待つなぁ!取りに行けぇ!と、どれだけ怒鳴ったことか)、今節は全く違いましたねぇ。

 

ディフェンダーは後ろからボールを奪い取りに走りロングのパスを前に供給し、中盤はセカンドボールを奪い取り、フォワードは前から追い回し果敢にシュートを狙う・・・で、前半こそ互角でしたが、それで町田さんは体力を削られたようで、後半はほぼワンサイドゲームになるほど試合を支配してくれました。

 

前節の京都戦で、90分走った後のアデショナルタイムにサチローが、京都のディフェンダーを振り切ってドリブルしてゴールを奪ったように、フィジカルがとても上がって来ているようで、全く走り負けていませんでした。

 

達也は献身的に走ってスペースを作ってくれていましたし、カウエとマサルはバランスを取りながらボールを奪い取り、河田と新太の距離感もすごく良くて、どちらがゴールするかとワクワクさせてくれましたし、川口がものすごく安定してきたし、センターバックの2人は、「机が人を作る」という言葉どおり実践経験を積むごとにアルビの壁になって来てくれています。

 

町田さんのポスト直撃のシュートなど危険な場面もありましたが、全体的には安心してサッカーを楽しんだ試合でした。

 

勝ち点を52までのばし(今季は50ポイントなんてとても行かない・・・って思ったと時もありましたっけ)14位まできました。

何とか一桁台まで行ってもらいたいモノですね。

 

 

このチームで来年も闘えたらなぁ・・・と、しみじみと思います。

そのためには、シーズンパスを同じ場所で更新し、新しいユニを買うぞ!・・・です。

 

シーパス更新にあたり、クラブが各会社の手数料負担をしないですむ方法は・・・直接申し込み直接支払うことだよと、この試合で一番の待機列が出来たのが、シーパス更新のテントでしたな。

少ない金額でも(クラブとすれば、チリも積もれば山になるのでね)、来年のアルビのためにと、雨の中ずぶ濡れになったサポさんの多いこと多いこと。

 

 

今日のオレンジトラックでは平畠さんのトークショー

 

毎年キャンプでお世話になっている高知県から高知龍馬PR隊の皆さんが来てくれました。

よさこい踊りの皆さんもいたのですが、龍馬さんの後ろ姿で・・・すみません

 

 

今日のヒーローは新太

1点目の豪快なシュートはすごかったですねぇ。

 

 

次節は、なかなか勝てずに苦しんでいるロアッソ熊本戦

今節は、スコアレスのドローで連敗をストップさせ、次節こそ勝つぞ・・とスワンに乗り込んできます。

こういうチームの恐ろしさは、身にしみています。

 

時は文化の日、いろいろな行事が重なって、参戦できない人が多く少数精鋭で参戦です。

 

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 10:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
5連勝っていつ以来?・・・の讃岐戦

JUGEMテーマ:サッカー

 

讃岐に勝って、「5連勝だ!5連勝だ!」と喜んで、万歳をしながら「チームができあがって負けなしがうれしいけど、ちょっぴり喪失感が漂っている、このデジャヴ感はなんだろう」と考えていました。

 

そして、気がついたんですよ

J2に降格した2017年シーズンは29節から最終節まで、引き分けを1試合はさんで怒濤の6試合負けなし・・・ってのやってくれて、「降格確定だけど、来シーズンにつながる試合が出来たんだ」と喜んでいたんでした。

 

この讃岐戦も、ちょっと「オレがなんとかするんだ」という「オレオレ感」を漂わせている選手もいましたが、全体的には選手同士の距離感もプレイスタイルも徹底されて、「来シーズンもこのメンバーで闘えればなぁ」と思わされた内容でした。

 

後半のアディショナルタイムに「ガタって」失点したのは、この頃はあまり見なかった「お家芸」がでてしまい、大きな課題でしたが、25分と59分の得点って・・・本当に理想的ではありませんか。

 

それも、アルビの大きな柱になってきたカウエと、彼を抜きにしては攻撃も守備も語れない達也のゴールです。

大ベテランと新太やサチローなどの若手が融合した「本当にいいチームになったなぁ」・・・です。

 

このまま、どこまでも勝ち進みましょう!

本日のヒーロー「カウエ」と「達也」

新米と和牛をゲットしました。

 

 

 

 

本日は全農サンクスデー

写真はありませんが、恒例の焼き鮭入りのおにぎりをいただき、大変美味しくいただきました。

ごちそうさまでした。

 

来てくれたトッキッキ

仕事をハッピイリタイヤメントをした次の年に「新潟国体」がありまして・・・ボランティアとして駅南で各県選手団の案内をしました。

あのころは毎日見ていたキャラクターです。久しぶりだなぁ

今は各市町村でも有名なキャラクターがいますが、新潟県を背負ってもっと活躍の場があってもいいな・・と思いましたね。

 

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 10:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |