アルビレックスが届いたぜい・・・チューリップだけど

JUGEMテーマ:サッカー

 

新潟県花卉球根農業協同組合の通販で注文をしていた「アルビレックスチューリップ」の球根が届きました。

 

このチューリップは、新潟県の試験場が育成したオリジナルの球根で愛称を「アルビレックス」とつけたものです。

 

色はきれいなオレンジ色で、花弁の先端が少しとがっていて百合咲きといわれている可憐なチューリップです。

 

2013年のホーム開幕戦の時に、ご来賓の方々へこのチューリップの花束が贈呈されていました。

 

あれから5年がたち、昨年には西区役所にプランターで咲いているのがあったり、越後丘陵公園に咲いていたりとちらほら見かけましたが、やっと市場に出回るようになったんですね。

 

一部はプランター植え、残りは庭に植えてオレンジの花畑を楽しむことにします。

 

球根農業協同組合のホームページによると、5球入りが残り29袋・・・だそうですよ!

 

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 11:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
すごい試合を見ちゃったなぁ・・・の、町田戦

JUGEMテーマ:サッカー

 

J2リーグ39節の町田戦は、アルビ2:0町田・・・で、アルビの勝利

これで、スコアレスドローを2戦挟んで9戦負けなしです。

 

この出来上がったチームをみて、「チームとして、良くここまで変われたモンだなぁ」と、しみじみと思いましたねぇ。

今なら、どのチームと対戦しても互角以上の闘いをしてくれそうな気がします。

 

町田さんとは、コンパクトに陣容を固め、縦に早くボールを動かすという、同じような闘い方をしてるようで、バックスタンドの2層から見ると、オレンジと白の選手がひとかたまりになっていて、まるでイワシの群れが固まりになって動いているような感じに見えました。

 

連敗していたときは、各選手がそれぞれ自分の一番良いポジションでボールを受けたがっているように見え、足下にボールが来るのを待っていましたが(待つなぁ!取りに行けぇ!と、どれだけ怒鳴ったことか)、今節は全く違いましたねぇ。

 

ディフェンダーは後ろからボールを奪い取りに走りロングのパスを前に供給し、中盤はセカンドボールを奪い取り、フォワードは前から追い回し果敢にシュートを狙う・・・で、前半こそ互角でしたが、それで町田さんは体力を削られたようで、後半はほぼワンサイドゲームになるほど試合を支配してくれました。

 

前節の京都戦で、90分走った後のアデショナルタイムにサチローが、京都のディフェンダーを振り切ってドリブルしてゴールを奪ったように、フィジカルがとても上がって来ているようで、全く走り負けていませんでした。

 

達也は献身的に走ってスペースを作ってくれていましたし、カウエとマサルはバランスを取りながらボールを奪い取り、河田と新太の距離感もすごく良くて、どちらがゴールするかとワクワクさせてくれましたし、川口がものすごく安定してきたし、センターバックの2人は、「机が人を作る」という言葉どおり実践経験を積むごとにアルビの壁になって来てくれています。

 

町田さんのポスト直撃のシュートなど危険な場面もありましたが、全体的には安心してサッカーを楽しんだ試合でした。

 

勝ち点を52までのばし(今季は50ポイントなんてとても行かない・・・って思ったと時もありましたっけ)14位まできました。

何とか一桁台まで行ってもらいたいモノですね。

 

 

このチームで来年も闘えたらなぁ・・・と、しみじみと思います。

そのためには、シーズンパスを同じ場所で更新し、新しいユニを買うぞ!・・・です。

 

シーパス更新にあたり、クラブが各会社の手数料負担をしないですむ方法は・・・直接申し込み直接支払うことだよと、この試合で一番の待機列が出来たのが、シーパス更新のテントでしたな。

少ない金額でも(クラブとすれば、チリも積もれば山になるのでね)、来年のアルビのためにと、雨の中ずぶ濡れになったサポさんの多いこと多いこと。

 

 

今日のオレンジトラックでは平畠さんのトークショー

 

毎年キャンプでお世話になっている高知県から高知龍馬PR隊の皆さんが来てくれました。

よさこい踊りの皆さんもいたのですが、龍馬さんの後ろ姿で・・・すみません

 

 

今日のヒーローは新太

1点目の豪快なシュートはすごかったですねぇ。

 

 

次節は、なかなか勝てずに苦しんでいるロアッソ熊本戦

今節は、スコアレスのドローで連敗をストップさせ、次節こそ勝つぞ・・とスワンに乗り込んできます。

こういうチームの恐ろしさは、身にしみています。

 

時は文化の日、いろいろな行事が重なって、参戦できない人が多く少数精鋭で参戦です。

 

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 10:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
いつもと違う風景を見て

JUGEMテーマ:サッカー

 

昨夜はキリンチャレンジカップのパナマ戦を見てきました。

アルビから「シーパスホルダーにパナマ戦のチケットを斡旋しますよ」という案内を受けて手に入れたチケットです。

 

ライトアップの色もブルーだけ・・・ああ!代表戦なんだぁ

 

座席の場所はカテゴリー4で、メインのアウェイ寄りのコーナーポストあたり・・・スワンでこの場所からサッカーを見るのは始めてだ。

バックスタンドの1画が空っぽってのがありましたが、観客は38,000人を超えまして、これだけの観客が入ったスワンの雰囲気はいいですねぇ。

公式練習が始まった頃の様子です。時々アップしているスタジアムの写真に似ているようですが、いつもとは逆方向でこれはバックスタンドの風景です。

花の金曜日、スーツ姿のサラリーマンさん達がこれからどんどん入ってきていました。

 

選手入場時のゴール裏

国旗とユニを広げて、選手を応援です。国旗が掲げられるのはやっぱり代表戦だなぁ

国旗がちょっとよれちゃったか

 

4年後を見据えた強化試合だから、「何が何でも日本勝て!」とは思わなかったので、純粋にサッカーを楽しみましたね。

 

試合は、3:0と快勝したし、筋肉の鎧を着たようなパナマの選手のスピードのあるかけ上がりは見応えがあったし、日本選手のボールを奪うテクニックもおもしろかったし、3点目はケンゴのゴールだよと喜んだし(帰ってテレビを見てオウンゴールだとわかったんですよ)・・・で、90分はとても短く感じられました。

 

でも、自分でもびっくりしたんですが・・・ゴールが決まったとき、両腕を突き上げて喜んだんですが、飛び上がってハイタッチの嵐にはならなかったですね。

あ、やっぱりアルビじゃないんだと、これもまた違う風景だなぁ。

 

スワンの駐車場など周辺になれていない方が多かったようで、道路がとても渋滞していて思いもかけずぎりぎりの到着となってしまい、いろいろ出ているテントをのぞけずに入ってしまいました。

 

入場時に、お土産やマッチデープログラムの入った袋をいただきました。

中に、JALからマイルカードに120マイル積算しますよというチラシが入っていまして、この時点ではじめて積算が出来るとわかりました。

「よし帰りに入れよう!」と思っていましたら、小さく「キックオフまでです」と書いてありました。

今回のチケットは再入場不可だったので「ああ!残念」と諦めました。

 

 

日本サッカー協会のマスコット 「八咫烏」の兄弟です。

日本神話で、神武天皇が東の国を攻めるとき、熊野の国から大和の国への道案内をしたとされる3本足の烏ですね。

 

ずいぶん芸達者で、ハーフタイムでは大変楽しませてもらいました。

 

 

アルビの今日の試合は、アウェイ甲府戦

なんとか、ホームで大敗した借りを返して欲しいモノです。

サポのお仲間が参戦していまして、その方々の今季のアウェイ勝率は限りなく100%に近いんです。

 

 

 

| アルビ中毒 | サッカー | 11:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
5連勝っていつ以来?・・・の讃岐戦

JUGEMテーマ:サッカー

 

讃岐に勝って、「5連勝だ!5連勝だ!」と喜んで、万歳をしながら「チームができあがって負けなしがうれしいけど、ちょっぴり喪失感が漂っている、このデジャヴ感はなんだろう」と考えていました。

 

そして、気がついたんですよ

J2に降格した2017年シーズンは29節から最終節まで、引き分けを1試合はさんで怒濤の6試合負けなし・・・ってのやってくれて、「降格確定だけど、来シーズンにつながる試合が出来たんだ」と喜んでいたんでした。

 

この讃岐戦も、ちょっと「オレがなんとかするんだ」という「オレオレ感」を漂わせている選手もいましたが、全体的には選手同士の距離感もプレイスタイルも徹底されて、「来シーズンもこのメンバーで闘えればなぁ」と思わされた内容でした。

 

後半のアディショナルタイムに「ガタって」失点したのは、この頃はあまり見なかった「お家芸」がでてしまい、大きな課題でしたが、25分と59分の得点って・・・本当に理想的ではありませんか。

 

それも、アルビの大きな柱になってきたカウエと、彼を抜きにしては攻撃も守備も語れない達也のゴールです。

大ベテランと新太やサチローなどの若手が融合した「本当にいいチームになったなぁ」・・・です。

 

このまま、どこまでも勝ち進みましょう!

本日のヒーロー「カウエ」と「達也」

新米と和牛をゲットしました。

 

 

 

 

本日は全農サンクスデー

写真はありませんが、恒例の焼き鮭入りのおにぎりをいただき、大変美味しくいただきました。

ごちそうさまでした。

 

来てくれたトッキッキ

仕事をハッピイリタイヤメントをした次の年に「新潟国体」がありまして・・・ボランティアとして駅南で各県選手団の案内をしました。

あのころは毎日見ていたキャラクターです。久しぶりだなぁ

今は各市町村でも有名なキャラクターがいますが、新潟県を背負ってもっと活躍の場があってもいいな・・と思いましたね。

 

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 10:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
4連勝だよ!オイ!・・・の岡山戦

JUGEMテーマ:サッカー

 

岡山に勝ち、4連勝だ! 4連勝だ! ヒャッホー!が続いているアルビ中毒です。

こんにちは

 

8月の試合は全敗して、あの暑さもあってエラク落ち込んでいました。

・・・が、9月に入ってからのアルビはスタートこそスコアレスのドローでしたが、それからは全くの負けなしで、岡山に勝って4連勝!

 

大勝といえるのは1試合だけで、あとは競り合っての勝利で得点はそれほど多くはないのですが、何よりも守備が整理され失点が少ないことがうれしいです。

 

そんな試合の後半のアディショナルタイムは、ヒリヒリとした気分を味わうことができます。

それだけに、終了の笛が吹かれた後のラックリ感は、ま、格別ですね。

 

今回は、ダゾーン観戦

 

テーブルの真ん中にPCをおき、音量を上げで準備しましたが、画面はひたすらクルクルと円を描くだけ・・・我が家のインターネット環境に課題がありそうで、早急に何とかしなきゃです。

 

仕方なく、ツイッターとモバアルのテキストを見ながら、ハラハラ、ドキドキしていましたが、頭の中で文字を画像に変換するのは、スピードがあってなかなか大変ですな。

 

夜中に、見逃し配信をゆっくりと見て、3分のマサルのコーナーキックから、少し遠いところでフリーで待っていた広瀬のゴール、岡山さんに「負けた」と思わせた89分のターレスのゴールを楽しみました。

 

ターレスは、今まで何となくフィットしていないなと感じていたのですが、(ま、チームの連動性もなかったですしね)前線にいたターレスにパスがつながり、サイドを駆け上がったサチローにヒールで落として、サチローからフリーでほぼ真ん中に入ったターレスにパスを送り、ゴール・・・って、この流れを作れるようなチームになったのですよ。

 

涼風が吹くころのアルビは、毎年、毎年、どんなチームにも負けない!・・・と言うほど成熟したチームになり、連勝が続きます。

 

去年も、今年も、チームとしてできあがるのがもう少し早かったらねぇ・・と思いますが、「イヤ!今年も、最後まであきらめねぇよ!」と次節のホームは当然参戦です。

 

 

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 09:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
3連勝で気分はアゲアゲ・・・の、水戸戦

JUGEMテーマ:サッカー

 

このブログは、アルビが勝つと更新の頻度が高くなるという・・・ものすごくわがままなブログです。

 

恥ずかしながら、笠松運動公園のネーミングライツを「ケーズデンキ」が取得したんだと思いこんでいたアルビ中毒です。

こんにちは!

 

水戸への参戦モードになり、水戸さんの公式HPを訪問したら、アクセス方法が全く違い「どうやら試合会場は、水戸市立競技場だな」と、気がつきました。

前回のブログで、「笠松行くぞ」などと書き、ずいぶん失礼なことでした。

ごめんなさい!

 

 

昨夜遅く、水戸から帰宅しました。

遠征をお誘いいただき、ず〜と運転していただいたサポのお仲間に本当に感謝です。

 

試合は後半に、貴章の今シーズン5点目のゴールがあって、アルビ1:0ホーリーホックでアルビの勝ち!

 

水戸サポさんにおかれましては、「下位の弱いアルビなんかに負けて・・・!」などと悔しがっているご様子で・・・なんとも気分がアゲアゲの連休最終日の朝です。

 

試合は、水戸さんはポストに嫌われ、アルビはバーにはじかれるなど、お互いおしいところもありましたが、何よりもGKムラーリャの足1本で防いだりのファインセーブが大きかったですね。

ま、終盤はそれだけ攻め込まれる時間が多かったってことですな。(水戸さんにすりゃ、攻撃しなきゃ点は入らないし)

 

そんな時間帯の中で、交代で入った貴章や高木が輝いて、80分にゴール!

それからは攻撃モード1本の水戸さんをしのぎきっての勝利!

 

スタッツを見れば、シュート数は同じでもコーナーキックの数が水戸さんの方が多かったので、ひいき目にみてフィフティ、得点してからは押される時間帯だった・・・って感じでしたね。

 

でも、最後の攻撃を、原などは頭を蹴られて8針縫う大けがを受けながらも、包帯をぐるぐるに巻いてすぐピッチに戻り、選手全員で跳ね返し、失点しなかったことが、ものすごく大きいと思っています。

 

 

原が蹴られてしばらく起きあがれなかったとき、我々の周りのサポさんは「原に何するんだ!日本の宝だぞ」と怒鳴っていましたな。

原のアジア大会での働きを見れば、オリンピックからA代表へと怪我をさせずに育てたいと思いますモン

 

 

アルビサポは、本当に沢山参戦しまして、メインスタンドは完全に半々に色分けされて、芝生のゴール裏はアルビサポでびっしり、身動き出来ないほど。

水戸さんのゴール裏は応援するところではないようで、芝生にシートを広げてピクニックをしている家族が数家族

 

バックスタンドは5ブロックをアルビサポが占め、緩衝帯として1ブロックとり、ゴール裏より4ブロックくらいが水戸サポさん、残りはまったり座っている観客さん

 

 

アウェイの洗礼といえばそうですが・・・かなり釈然としなかった事柄

我々は、バックスタンドのかなりホーム寄りで応援していました。

水戸さんの公式HPにも書かれていたので従ったのですが、バックスタンドでは「立って応援できない」・・・ルールならば仕方がありません

・・・ならば、バックスタンドで立って応援している水戸サポも座らせろよ!!

 

このルールがアウェイ用にしか書かれていないって「完璧なダブルスタンダードだ!」と、かなり怒りモードが立ちこめていましたな・・・我々の周りでは

 

傾斜が緩すぎて見にくく、サッカー向きではないスタジアムだなと思ったことや、この釈然としない事柄もありましたが、要所に配置されていたボランティアの方々の笑顔がすてきだったことと、スタグルメが楽しくって(カルビ丼を買った売り場のおじさんとのやりとりがほとんど漫才だったな)、ま、勝ったことが大きく楽しい遠征でした。

 

朝5時半に朝霧で真っ白な中を出発し、日本列島を横に往復して、夜10時近く真っ暗な中をウキウキと帰宅しました。

 

ハタから見ると、いい年の人間が何をやってんのか・・・と思われるでしょうが、恋愛感情に近いのかもしれませんが「好きになっちゃったんだから」なんです。

 

勝利後、恒例になりつつあるハルヲスイング

 

何回も、何回もみたいモノですねぇ(今季はあと8回見られることを期待!)

 

次節の岡山戦は、ダゾーン観戦です。

 

 

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 10:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2週続けての万歳・・・の、ツエーゲン金沢戦

JUGEMテーマ:サッカー

 

土曜日に行われたJ2リーグ戦のツエーゲン金沢戦は、アルビ2:1ツエーゲンで勝利!

 

J2へ降格確率100%と言われた2012年に、火中の栗を拾っていただき、みごとに奇跡の残留を果たしていただいた「柳下監督」が今鍛えているチームです。

 

5月のアウェイ時はいろいろあったようで、監督がベンチ入りできず指揮を取れなかったので、今回は楽しみと言えばそうですが、半ば恐ろしいなぁと思いながらの参戦でした。

だって、ヤンツーさんの選手の把握や鍛え方が半端ないんだから。

 

選手紹介の時、柳下監督の名前がコールされたとたんスタジアムは万雷の拍手・・・アルビサポにとって、ソリさんとヤンツーさんだけは特別の想いがあるねぇ。

 

 

試合内容は、入りはツエーゲンペース、相変わらずアルビは少しスロースタートで、15分くらいまでいつネットをゆらされるかとヒヤヒヤ、それをしのいでからははほぼ互角に、どっちにゴールが転がって行っても不思議はない感じ。

 

そして、新太が転がってきたボールを体ごとゴールに入れちゃうと言う、それほどかっこよくない、ま、世に言う「泥くさいゴール」ってやつで先制!

 

喜んだのもつかの間、3分後にはコーナーキックから、ヘディングをたたきつけられて同点に・・・負け続きの今までだったら「ドローならOK、このまま守れ!」になるんですが、今のアルビサポには「ここから!ここから!」という雰囲気が出てきましたねぇ。

 

後半は、アルビのペースになりつつあったのですが、なかなか得点できず、もやもや感がいっぱいに・・・

 

選手交代も的確で、ず〜っと追いかけてプレッシャーをかけたり、引きつけてスペースを作ったりという「水を運んでくれていた」達也を小川に、河田を貴章に、そして最後のカードがなんと得点した新太を本間至恩に変えるという意表をつく交代

 

至恩はリーグ戦初出場ですよ・・・18歳ですよ、ユース出身ですよ

 

 

その至恩がアデショナルタイムに豪快なゴールを決めて、劇的な勝利!

 

 

前節も劇的な勝利だったけど・・・少し大味だったので、この勝利は美味ですよ!

 

前節と違って、お互いにロングボールが多かったけれど、セカンドボールの取り合いも競り負けないし、今回はセンターバックも安定してきてるし、すごいサブも見つかったし・・・なが〜いトンネルは抜けたような気がしています。

 

 

ヒーローインタビューは、新潟出身の新太と至恩の二人・・・少しずつ育成が実を結んでいますねぇ。

 

 

ま、これからの試合を全勝しても「6位は難しいかも」だけど、それでも夢は持たなきゃ・・・全部の勝利を願って、次節水戸戦を参戦します。

 

 

今節も、クラブはいろいろとイベントを仕掛けてくれていて・・・

一番人気はこの作業車

ツエーゲンサポさんもお乗りいただいたようで、呉越同舟を楽しんでいただけましたでしょうか?

写真はありませんが、敬和学園高校のジャズホーネッツさんの演奏もありまして、敬和の皆さんが来てくださるときの勝率がエラク高いんです。

 

 

観客数は、15,000人・・・前節から、4,000人増えました。

我々のように、ほとんど修行に近いような気持ちで応援する人間ばかりではないんです。

そうです!勝てば必ずお客は戻ってくるんです。

 

 

スタジアムの周りの生け垣の矮性サルスベリ・・・すこし終わりかかっています。

毎年、この花の盛りにはチームとして明かりが見えています。

今年は、もう少し早かったらなぁと思いますねぇ。

 

 

今節は、日清チキンラーメンサンクスデーでひよこさんが来てくれました

先着10,000人にチキンラーメンプレゼント(太っ腹だぁ!)がありましたが、我々はカナール脇でのんびりとピクニックを楽しみまして(ツエーゲンサポさんも楽しんでいましたね)・・・もらえなかったんです。

でも、これで観客が1万人以上入ったとうれしかったですね。

 

 

本日のヒーロー「至恩」です

何でも、ツエーゲンサポさんの前では拍手がもらえたとか・・・ありがとうございます。

ツエーゲンサポさんのペンライト、ものすごくきれいでした。

良い試合で、応援もお互い選手の背中を押せたと思っています。

 

 

前節の験をかつぎ、全く変えないように気をつけて参戦の準備をしました。

洗面所もトイレも同じタオルにし、着るユニも下着から気をつけて同じモノにするなど気を遣っての参戦でしたが、このガチ試合を見て少しホッとしました。

 

今は、笠松への参戦がとても楽しみになってきています。

アウェイゴール裏は完売だそうですが、まだメインはあるようですので、皆さん!参戦しませんか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 11:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
新聞を取り合う朝・・・ニマニマの朝

JUGEMテーマ:サッカー

 

ブログを1ヶ月更新していませんでした。

 

お盆で忙しかっただとか、暑すぎる夏だとか・・と言い訳はたくさんありますが、ま、アルビが負け続けていることが一番大きな原因ですね。

 

いつもいつも、「守備がボロボロ、攻撃は機能しない、あんなクソ試合」を見せ続けられたんじゃ、「ブログ?へっ!そんなモン書けるか」という気持ちでいっぱいでした。

 

この間に、中野社長は辞任するやら、神田センセイが強化部長に復活するやら、是永さんが専務になるやら、そうだ!監督も片渕さんに変わるなど、大揺れに揺れたアルビレックス新潟というクラブでした。

 

サポの一員でしかない我々はメディアの情報を頼りに、揺れるアルビを遠くからハラハラした気持ちで見ているだけで、今は、このことがプラスになって欲しいとココロから願っています。

 

少なくとも、是永さんが専務としてフロントに入ったことは、シンガポールのアルビレックスを一流に育て上げたその手腕と実績もあって、多くのサポが「熱烈歓迎!」していると思います。

・・・だた、今のところシンガポールと2足のわらじのワケで、無理していないかな?とちょっと不安です。

 

 

フチさんが代行から監督に就任してしばらくの数試合は、前監督との違いが全く見えず、「見慣れたクソ試合」を展開していたので、この「裏天王山」のFC岐阜戦も、期待感いっぱいで見に行ったわけではありません・・でした。

 

ところが違いましたねぇ

センターバックが時々不安に駆られることがあったけれど、それでも守備が安定しサイドバックがボールを持ちあがれるし、精度の高いクロスをあげられるし(川口万歳!・・・これが本来のアンタだよ)、マサルとカウエのダブルボランチはバランスの良い組み合わせだし(カウエは外人枠の久々のヒット、ボールを刈り取る様子や、失わないなど、レオに見えてきたよ)、河田のハットトリック!(ハットトリックなんていつ以来だろ)・・・で、5得点!!

 

5得点ですよ!

 

初得点の一つ前のプレイで、川口がボールをキープでき、前に駆け上がり、達也にパスをだしシュートを打つ・・・と言う展開があって、我々の周りでは「こんな流れるようなプレイで、シュートまで行ったのは久しぶりだぁ」と、ちょっとしたどよめきが起き、そしてすぐ同じような形でゴールですよ。

 

今朝の新聞は、取り合い・・・なんとま、ニマニマとした楽しい1週間をすごせるんですよ!

 

 

 

 

 

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 11:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
くいしん坊のマスターを送って・・・「マスターアルビをたのむよ!」

JUGEMテーマ:サッカー

 

本日、寺尾の定食屋「くいしん坊」のマスターの葬儀が行われ、見送って来ました。

 

7月3日に更新した勲さんの引退試合の内容を見ると、くいしん坊に関して過去形で書いたことに気がつきました。

 

手術が終わって、そろそろ回復に向かっている頃だなと、お見舞いに行ったところ「これは安心できる状態ではない」と思い知らされ、暗澹とした気持ちで書いた内容でした。

 

その後転院したことや「危ないかも」など、情報はいただいていましたが、顔を見に行ける勇気がありませんでした。

 

入院してわずかに2ヶ月半で逝ってしまうなんて・・・どんだけガマンしてたんだよ

 

 

くいしん坊のお仲間達と昨夜のお通夜、本日の告別式と見送りに行き「悔しいよ、マスター早すぎるよ」とつぶやいて来ました。

 

我が家の食堂として通い続けて16年あまり・・・家族の祝い事がある度に心づくしのお料理で祝ってもらったり、アルビのシーズンオフの反省会などには採算度外視の料理が並んだり、頂き物の酒だと一升瓶の栓が抜かれるなど「このお値段で大丈夫かい?」と思ったモノでした。

 

常連のアルビサポの皆さんは、企画力に長けた方も多く、「くいしん坊ファミリーツアー」として、ファビを追っかけて仙台へ、秋葉さんが監督の草津へ、船越を応援に富山や西が丘へ、勲を追いかけて栃木へと何回もバスを仕立てて出かけました。

 

その度にお店を閉め、おにぎりやおつまみなどの差し入れを携えて「大人の遠足」を子どものように楽しみました。

 

全部、全部、くいしん坊というお店があって、マスターやママがいてのハナシでした。

 

セレモニーホールのロビーに飾られたいろいろな写真

マスターの還暦祝いの写真もありまして・・・たった10年前だよ

 

歴代の数え切れないほどのユニ中からの3枚

一番新しいのが、勲の引退記念ユニ・・・引退試合を見られなかったのが本当に心残りだったようで・・・「ベットごとでも行きたいんだけど」と言っていたよ。

 

昨夜のお通夜振るまいの席に着くと同時に、「今日はマスターが勝たせてくれるよ」「大分戦どうなってる?」と一斉にスマホの電源を入れ、画面を見たとたん「えっ!3失点」と、これまた一斉に静まりかえりました。

 

家に着いてもう一度確認すれば、4失点で大敗!

 

まるで、ザルを芯にした土の船で大海原を漕いでいるかのようなアルビです。

 

「マスター、アルビのこと守ってよ、本当にたのむよ」

 

 

 

それにしても、我々はこれからどこでご飯を食べたらいいんだろ

どこで、「アルビはさぁ・・・」などと話したらいいんだろ

 

ママが復活して「細腕繁盛記」をやってくれる日を待つことになるナ

 

 

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 14:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この猛暑はとても応えますねぇ

JUGEMテーマ:サッカー

 

猛暑をお見舞い申し上げます。

特に西日本の豪雨で被害にあわれた方々におかれては、復旧作業の妨げになる暑さですが、お体をいたわってくださいますように・・・。

 

 

ブログの更新?・・・んなモン知るか!と思っている日々です。

何しろ、7月に入ってからのココ5試合で、1勝4敗ですよ。

唯一勝ったのが、お仲間が参戦してくれた山形戦で、ロスタイムの安田の逆転弾・・・だけ。

 

 

ダゾーン観戦だったヴェルディ戦では、3:2で勝っていた時、外出から帰ってきた相方が「どうなっている!?」と息せき切って聞いてきたのに、きわめて冷静に「今は勝っているけど、どうなるかはワカランナ」と答えるほど、守備の穴がアチコチに見えて「おっかない試合をしてくれるなぁ」と思っていました。

 

結果は、恐れていたとおりの3:4で負け

 

 

前節の千葉戦

あれだけ押していて、あれだけ決定的なシュートチャンスがありながら1点どまりで、そしてカウンター1発に沈み込んで・・・本当にどうして??

お仲間は「いつものパターンの負け試合を見てますなぁ」と言い、みんなでため息をつきながら肩を落として帰りました。

 

 

高らかに「1年でJ1に復帰します!」と宣言して始まった今シーズンですが、こんな試合を続けたらどういうことになるかは火を見るより明らかです。

ホームでこんな試合では観客動員も右肩下がりで、暑さもあったと思いますが、とうとう15,000人を割り込みました。

 

クラブも新商品のグッツを出したり、「越乃リュウ」さんを招いたりといろいろ工夫はしてますが、こんな負け方が続けば「いっしょに試合を見に行こう」って雰囲気を作れないんですよ

 

・・・が、好きになったチームだもん、我々はどこまでもつき合いますサ

 

 

それでも、この暑さの中で千葉の選手達は何人も足がつっていたのに、アルビの選手たちは終盤の運動量こそ落ちたけれど、足はつっていなかったようなので、フィジカルが上がっているんだなと、前に希望を持って行こうと思っています。

 

 

千葉戦で見つけた工夫の一つ

スタジアムへ行く途中のトンネルの新しい照明がアルビカラーに・・・・

白からクリーンになってアルビからになったときは少しどよめきましたね。

関係の方々は、それぞれのポジションで頑張っているんだよなぁ

 

 

新潟市西区民デーで「かがやき大使の越乃リュウ」さん

髪が顔にかかってしまって・・・ごめんなさい

 

 

我が家のオレンジの花

オニユリです。

猛暑の中、元気に咲いてくれました。

 

次節ホームで勝利できますように、我が家全員で参戦です。

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 12:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |