新年おめでとうございます

JUGEMテーマ:サッカー

 

明けましておめでとうございます。

 

元旦の新潟の天気予報は雪マークでしたが、幸いなことに曇り気味で初詣には全く支障がありませんで、近くの神社で「アルビが1年でJ1に復帰できますように」と、祈念してきました。

 

昨年末では、「これがJ2に落ちたってことなんだな」とズシッときた人事がありまして・・・確かに選手の人生を左右するような事柄ですから、サポーターがとやかく言う権利はない・・・は正論ですわな。

 

でも、サポも12番目の選手だと思っているのですが、一緒に闘った選手達が自分たちには全く責任がなかったかのように未練がないかように移籍していくのを見るのは、やっぱりつらいモノがあります。

 

サポは決して移籍しませんからね。

 

それでも、シンガポールから新たな選手が来てくれたり・・・なんでも柳選手は練習試合でタンキをはじき飛ばした強いフィジカルがあるとか、楽しみがズ〜ンと増えました。

 

激励会までのこれからは、良いニュースばかりを聞くことになるよと思っています。

 

 

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ありがとう!本間選手

JUGEMテーマ:サッカー

 

「本間選手18年間お疲れ様でした」の会をくいしん坊の主催でありまして、ココロ楽しみに行ってきました。

 

本人はB級ライセンス取得の研修中だそうで、週末に帰省したところで、我々のところにご両親も含めた家族全員で来てくれました。

 

しつらえはこんな感じ・・・

 

これは床の間に下げた段幕

サポの仲間には、いろいろなスキルを持っている方がいて、いつも感心させられます。

 

一番下座にはこの大きな段幕が

いつものことながらピントが合っていませんねぇ。・・・我々の仕事はこんなモンです。ハイ

 

黒河コーチをはじめとして一緒に闘ってくれた選手達も何人か参加くださって、盛り上げてくれました。

ココに参加いただいた選手は、「来年も一緒に闘えるんだね」と安心しました。

次の日から、参加した選手の契約更改が発表され「やっぱりアルビで頑張ってくれるんだな」とうれしくなっています。

 

完全に吹っ切れた本間選手もサポも涙はなく,将来に向けての話などを聞くことが出来ました。

参加者からの記念品は「温泉旅館宿泊券」で、いろいろと片づいたらファミリー全員でのんびりしてきてくださいね。

 

 

参加者はほぼ40人・・・全員がユニ姿(ほとんど15番)

我々も、15番ユニは相当枚持っていて、新しくする度に魂のサインをもらっていたのですが・・・このユニだけはサインなし

もしかしたら、栃木へレンタルされた年のユニだったのかな・・・最後にサインを入れてもらい、宝物の完成です。

 

勲選手には本当にいろいろな思い出があります。

サッカー選手になりたてのころ、ブラジル遠征で骨折し(2回も)・・・我々が一生懸命歩いていた、スワンの中のトレーニングルームに松葉杖をついて入って来た頃、この選手の将来をみたいなぁと思わせるオ〜ラがあって、でも、鉛筆みたいに細かったなぁ。

 

秋葉さん、船越さんにいろいろとしごかれて、楽しそうだったな。

そういえば、この会への祝電にハリル・ホジッチさんからのがあったけど、あれは秋葉さんからかな?船越さんかな・・・

 

奇跡の残留と言われた2012年、Mr.アルビレックスと呼ばれ、キャプテンマークをまき、試合にフル出場していて、だんだん降格の色が濃くなったときに、頬がこけて体重が落ちた勲を見るのがつらかったな。

くいしん坊で見かけたとき「貴方が怪我をしなけりゃそれで良いからね」と声をかけるのが精一杯だったっけ。

 

栃木に応援に行ったとき、すごく頼りにされている様子がわかったけれど、「もし引退するとしたら、それはココじゃないよな」・・・としみじみと感じたな。

 

我々は、アルビが好きで好きで応援するけれど、あまり選手を追いかけて応援するチームを変えるというスタンスではありませんでした。

でも、船越選手と勲選手だけは別で、所属したチームのサポにはならなかったけれど、選手を応援に富山だ、東京だ、栃木だと遠征しました。

 

 

本間勲選手、長い間本当にすごいプレイを見せてくれて、チームのために頑張ってくれてありがとう!

貴方の進む道が、広いモノでありますように!

 

最後に、ご両親から参加者一人一人に感謝の品物をいただき、「ご苦労が多かったろうに・・・」と、本当に感銘を受けました。

 

 

さあ!これからは、チーム一筋だ

シーパスは更新したし、新しいユニも注文したしで、いつでも闘える準備はOKです。

来季のユニには番号を入れず、背中は空っぽ・・・12番くらいは入れれば良かったなと今になって反省!

 

部屋を暖かくし、蜜柑を食べながら「一緒に闘ってくれる選手はどんな選手だろう」と楽しみに待っていよう。

 

ガンバレ!クラブの皆さん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
最終戦が終わり、「あ〜あ」な日々を送っています

JUGEMテーマ:サッカー

 

最終戦が終わってしまい、力の抜けた日々を送っています。

 

アルビは最終戦を待たず、J2に降格してしまいましたが、ここ6試合はチームとして完全にできあがり、「このチームだったら、どこにだって勝てるわな」と、胸を張っていえるほどになりました。

 

なにしろ、引き分けを挟んで5連勝ですよ・・・「いつ以来だい?」に「ヤンツーさんの2年目2013年に、おんなじ様に最後に5連勝でしたよ」と我々の周りは大騒ぎ

 

 

毎年のことですが、できあがるのが遅すぎて、今が10月ならば・・・完全に残留出来たのにと本当に残念でした。

 

 

最終戦にセレッソサポさんには、寒〜いなか新潟まで沢山おいでいただきまして・・・勝ち点3を置いていってくださって、おまけに杉本選手の得点王も阻止されて・・・「きょうは、なんも良いことが無かった」や「最下位に負けるとはどういうこっちゃい!」とエラク気分を害されてお帰りになった様で。

 

ウフフ・・今年はなかなか味わえなかった「蜜の味」をしばらく堪能しました。

 

再来年はまたおいでいただけるよう頑張りますので、しばらくお待ちくださいナ

 

 

最終節・・・新潟は初雪でした

駐車場からスタジアムに向かう途中、約2センチの積雪でした。

カラーボールでの試合も見てみたいモノだと話ながらでしたが、クラブはユースまで動員しての雪かきをして、ピッチは全く雪がありませんでした。

 

 

そのまま野宿しても寝られるんじゃないかと思うほど着込み、たっぷりとブランケット類を持ち「雪でもアラレでも来い!」という意気込みでスタジアム入り・・・ところが、しばらくは青空がひろがり、太陽が注ぐEスタンドは小春日和に

 

オーバーズボンを脱ぎ、ダウンのベンチコートを脱ぎ、毛糸の帽子は「かぶっちゃらんねぇ」と脱ぎ、「あっちぇ」と言いながらニットのマフらーをタタミ・・天気予報はどうなっているんだと、ぼやいていました。

 

ま、それも1時間くらいでしたけどね。

太陽がスタジアムの縁に沈んだとたん、脱いだモノを全部身につける羽目にはなりました。

 

 

試合は・・・監督はこういう試合をしたかったんだなとわかる内容でした。

でも、今季はじめにピッチにたってた選手で、今使ってもらえてる選手はというと・・・加藤大や小泉慶など本当に数えるほどです。それだけ、即戦力を補強したからこそ、チームができあがったんだと思いますよね。

 

若い選手を育てながら使える選手にして、勝てる試合をする・・・は、本当にムリがあるんだとしみじみと感じています。

 

 

ただでさえ、毎年草刈り場になっているチームですが、今年は本当にどれだけの選手が残ってくれるか?がとても気になります。

誠意をこめて、精一杯の金額を提示して交渉にあたって欲しいと、願うばかりです。

 

 

今季で引退を表明していた勲

花道に使ってくれるだろうなと信じて期待していたとおり、最後の最後にキャプテンマークを引き継いでピッチにたった勲

勲が出る・・・とわかったとたん、心臓がバクバク、目元はウルウルしてどうにもなりません。

我が家の数あるユニのほとんどが15番ですからねぇ

 

 

セレモニーで挨拶をする勲

鉛筆みたいに細かった時代を知っているモノとしては、あっという間のようにも思えますが、「本当にありがとう!」と言いたいですね。

お礼を伝えるチャンスがあったらいいなぁと思っています。

 

 

セレモニーの時にゴール裏に移動した勲段幕

ゴール裏の2階席から下がっていると、そんなには大きく見えませんねぇ。

でも本当に大きいんです。

 

この段幕が、くいしん坊でお披露目されたとき、あまりに大きくて、顔の全体像が全く見えませんで、わずかに口が黒く見えたモノでした。

 

この段幕を作成していただいたチェンダイ様、管理をしていただいたK様・・・本当にありがとうございました。

 

 

不本意な今シーズンは、終了してしまいました。

どれだけの選手が残って、つらい長いJ2を闘ってくれるか・・・これからがアルビの正念場になります。

 

ガンバレ!クラブ

 

1年でJ1に戻ろうぜ!

 

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 11:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
首の皮一枚でつながっています・・・

JUGEMテーマ:サッカー

 

このブログを、3ヶ月ちかく放置していましたら・・・IDってなんだったっけ?とか、パスワードはどれ使っていたっけな?と、ログインするのにえらく手間取りました。

はっきり言えば、いろんなことをすぐ忘れるんですな(もっとはっきり言えば、忘れたいことが多くあるんです・・・アルビが最下位だとか、また負けたとか・・・)

 

今年は事情があってアウェイにはあまり行けませんでしたが、ホームはほぼ皆勤で応援していました。

それでもお盆前後の試合では、まだ闘い方の形が見えず「これは勝てないわなぁ」と本当につらかったですねぇ

 

秋風が吹き始めた頃(今年は涼しくなるのが早かったです)メンツがそろいはじめ、勝てなかったけれどドローがつづき「この調子でいけば、やれるかな!」と思った試合もあったのですが、打ちのめされたのが鹿島戦でした。

 

春先にレッズに6失点し、セレッソに4失点していて得失点差が大きく、ま「ザルビレックス」と揶揄されているのは承知していましたが、守備は立て直されていたと信じていた矢先の4失点は衝撃的でした。

 

 

巷では「降格1枠はアルビで確定」と言われていましたし、残りの試合数を考えると、かなりせっぱ詰まった気持ちになったモノです。

 

それでもねぇ、あのガンバ戦あたりから監督の意図が浸透し、本当に良い試合をするようになって、ガンバにに勝てたんです。

 

ジュビロにだって、ロスタイムのぎりぎりにフリーキックを与えなきゃ勝てたんですよ(これで勝ち点2を失ったことが本当に本当に痛かったですねぇ)

この時点で、アルビが全部勝って15位の甲府さんが全部負けても、得失点差が10点以上ある・・・って、昨シーズンのアルビと名古屋さんの再来みたいな状況になっています。

 

 

先回の鳥栖戦は、アルビは負ければ当然ドローでも降格、甲府さんがドローでも降格・・とせっぱ詰まった中で、勝利!

おまけにボトム4の中で、アルビだけが勝利!

 

なんと、ホームでの勝利は5月20日の札幌戦以来・・・我々を含め周りはみんなタオルで目を押さえていました。

 

アルビは最後になって、お餅みたいに粘るねぇ・・とか、白鳥の首の皮はどんだけ厚いんだよと言われているようですが・・・これこそアルビ魂です。

 

可能性が0でない限り、あがき続けますよ。

 

次節ホーム甲府戦・・・得失点差を跳ね返す大量得点で勝ちます!

| アルビ中毒 | アルビレックス | 12:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
お盆進行中・・です

JUGEMテーマ:サッカー

 

お盆進行中で、仏様が戻っておられます。

今がチャンスだ!

ご先祖様達にアルビの窮状を訴えて、「何とか浮上するきっかけを与えてください」とお灯明を上げ線香の香りを一筋たてて、セツセツとお願いしたところです。

 

昨夜の大宮戦の敗戦で、残留ラインがますます遠のいて、全く元気が出ません。

 

悪いことに、庭で今年ふ化したした蝉が「ジッ、ジッ・・・」とか細い鳴き声になってしまいまして。

ま、こちらは長岡祭りの頃にふ化して、いきなり大音量で鳴き出して、それから10日もたったのだからムリもないのですが・・・アッチもコッチも、先が細いなぁと思うと気が滅入りますね。

 

昨夜はダゾーン観戦で、テーブルの真ん中にPCを置きみんなで囲んでいました。

 

「おしい!!」の大声に、「どうなった!?」と、怖くて見られず別の部屋に避難していた人間が飛んできます。

ボールがライン上で、ゴールにならなかった、幻の得点には「ええ!!」の大合唱と「いける!いける」と鼓舞していました・・・が一瞬で奈落の底に。

 

実は、我々は得点シーンをほとんど見ておらず、このごろは「ゴールを割った」「ハイタッチだ!」という感覚が遠のきすぎています。

 

「タンキも、もう少しの様に思えるんだけど」とか「磯村はテラを思い出すねぇ」や「補強しているねぇ」などなど、前をむく材料はたくさんあるように思えるのですが、如何せんもう時間がありません。

 

この現状は、選手が一番つらいんだからとココロを静めようと思っていますが、サポも本当につらいなぁ!

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 13:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
なんとま、この状況は・・・ブログのことです(念のため)

JUGEMテーマ:サッカー

 

6月は全く更新していませんで・・・

そしたら、画面にデカデカと広告が出るやら、ログインしようとしたらIDを忘れてしまうやらと、さんざんです。

 

アルビは勝てないしぃ、書きたくない気分だしぃ・・・と、つぶやく自分のココロに負けず頑張って更新しようと、この惨状を見ながら考えています。

 

更新しなかったこの間は、アウェイはともかくホームは全部観戦しながら、足をとぼとぼさせて帰宅していましたね。

 

ただ、闘い方や、チームとしてのまとまりが「少しずつ見えてきたんではないか」などと、トンネルの先に灯りらしきモノがあるような気がしています。

 

ピンポイントの補強をしたりと、何かを変えようとしていることは確かですが、フィットするまで時間がかかるなんてことになれば・・・今のアルビには、はい上がるには時間があまりありません。

 

巨大企業のスポンサーが付いているわけでもないし、周りに大きな経済圏に囲まれているわけでもない立地にあるクラブで、J1に残っているのはアルビを含めて鳥栖さんや甲府さんなど数クラブです。

 

爪を立てなにがなんでも、J1にしがみつかなければ、「経済の規模とサッカーのJ1はシンクロする」などとの意見が正しいことになってしまいますし、「地方都市は小馬鹿にされてるなぁ」といたく傷つきます。

 

 

この状況では残念ながら、サポに出来ることはあまりありません。

試合に足を運び、声を出して「俺たちがついているサ」と伝えること・・・ですね。

 

 

夏になり、我が家の庭のオレンジの花二題

ヒメヒオウギズイセンです。

コレはとても強い花で、放っておくと小さな球根が際限なく広がっていきます。

雑草魂とはこのことがと思いますねぇ・・・アルビもまねをしてくれるとうれしいのですが。

 

写真を撮るのが遅くなって花弁がすべて反り返っていますが・・・クルマユリです。

この花が咲くと、夏が来たなぁと感じます。

 

 

この夏は、歓喜の夏になりますように・・・・

 

 

 

 

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 12:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ルヴァンカップ甲府戦・・・の雑感

JUGEMテーマ:サッカー

 

昨夜のルヴァンカップ予選は、アルビ0:甲府2で敗戦

 

ルヴァンカップは予選リーグ敗退が決まっていたので、この甲府戦は普段サブに回っている選手達が「実践でどれだけやってくれるか」を見極める場だ・・・と、かなり楽しみに出かけました。

 

今シーズン初のナイトゲームで、日が差すと椅子で卵焼きがやけそうになるプラスティックの椅子もひんやり、吹く風も涼しすぎ、長袖でもふるえが来るくらい・・・5月の新潟の夜ですねぇ。

 

リーグ戦は下から2番目、ルヴァンカップでは最下位(この敗戦で「ダントツの」と言えますな)、おまけに平日のナイトゲームと、これだけの悪条件がそろえば、ま、観客は入らないだろうなと思っていましたが、6357人・・・って立派です。

アルビのサポは打たれ強いなぁと思いましたねぇ・・・我々の周りも方々も、ほとんどいましたモン

 

 

楽しみにしていた、若手達

左サイドに、サイドバックにゴーソン、サイドハーフにノリヨシという酒井兄弟がそろい、メインスタンドにはブンデスリーグの最終節で逆転勝利してハンブルガーを残留させ、初めての日本人キャプテンを勤めたゴートクが見ている・・・という、酒井3兄弟のそろい踏み

 

高徳おめでとう!

貴方のインタビューの時の涙をネットで見て、こちらまでウルウルしちゃったよ!

 

ボランチに勲、右サイドバックは長谷川巧クンがスタメン

大怪我から復帰した伊藤優太、本間至恩クンがサブ

そんなこんなで、アルビサポで良かったという幸福感に包まれました。

 

試合は、前半の押している時間帯に決められなかったこと・・・相変わらずポストやバーに好かれているねぇ

PKを与えちゃったあたりから、若さがでたのか少し集中がとぎれちゃったこと・・・などなど、言いたいことはあるけれど、大毒を吐きそうだし、きりがないので止めておこう。

 

 

びっくりしたこと

甲府さんの土屋選手・・サイドバックであきれるくらいの上下動とあきれるくらいのフィジカルの強さ

40歳をすぎてこれだけやれる選手もいるんだねぇ。

 

 

本日の良いとこさがし

伊藤優太・・・復帰おめでとう!あなたの変速ドリブルを見られるのが近いなぁと確信しました。

長谷川巧クン・・・もう少し筋肉がついたら貴方はすごいサイドバックになるよ。

 

 

次は、またまたリーグ正念場の仙台戦

スタメンの選手達はしっかりと休めたので、必ず勝利を!!

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
火中の栗を拾ってくれて・・・そして、ホーム初勝利ありがとう!

JUGEMテーマ:サッカー

 

ここで勝たなきゃ、ひたすら引き離されるだけだ・・・と、選手もサポも「今が、正念場」と迎えたコンサドーレ札幌戦

 

アルビ1:0コンサドーレで、今季ホーム初勝利でした。

 

 

いやあ!ここまでが長かったなぁ!

 

5月5日の川崎戦での敗戦から2日で、三浦監督の休養が決まり、片渕コーチと内田コーチが臨時で指揮を取ると発表され、すぐあったルヴァンカップのセレッソ戦は0:1の敗戦、直後に呂比須ワグナー氏の監督内定のお知らせと、ホーム浦和戦の0:6という歴史的大敗と・・・ブログを更新しない間に、アレよアレよとめまぐるしい変化でした。

 

 

5月上旬頃、スポーツ新聞で「呂比須ワーグナー氏、Jリーグで指揮か?」のニュースを見たときの我々の反応は「相変わらず、大宮さんは動きが速いなぁ」でした。

アルビが、水面下でこのような動きをしていようとは・・・夢にも思いませんでしたので、三浦監督の休養が発表されても「次は呂比須? 本当かい?」と信じられない気持ちでした。

 

今は、なにかしら動いて状況を変えなきゃいけない時でしたので、三浦さんを切り、戦術の変化を求めない呂比須新監督の招聘は良い選択だったと思いますし、クラブは良い仕事をしてくれたなぁと思っています。

 

 

呂比須ワグナーさん、火中の栗を拾ってくださってありがとうございます。

 

堅守速攻を目指したチームの今の状況は、堅守のほころびがアチコチに目立って「ザルビレックス」と揶揄されていますし、速攻の方も攻撃の途中でノッキングを起こしたり、最後のシュートがなぜかポストやバーに好かれている状況ですが、選手達は自信を失っているだけで、立て直しは絶対にできると信じていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

札幌戦で体を投げ出した守備や、ファインセーブを見たことや、粘ったクリアなどが見られましたし、結果として無失点だったことや、呂比須監督になってからの練習は明るくなったとの情報もありまして、具体的な変化の兆しにうれしくなっています。

 

降格圏脱出のために、何よりもいまは連勝が欲しいときなので、この状況がより高まって行くことを切に切に願っています。

 

 

 

カナールで敬和学園高校のジャズホーネッツの演奏がありました。

彼らが演奏してくれる日の勝率がえらく高いので、期待値マックスでスタジアム入りでした。

 

今節は、亀田製菓サンクスデー

ユニフォームのハッピーターンです。

ぽたぽたおばあさんも来てくださって、盛り上げていただきました。

 

 

本日のヒーローお二人

ゴールのホニとアシストの富澤

 

本当に久しぶりの万歳ができました。これから何回もやりたいなぁと、つくづくうれしさが身にしみました。

 

 

 

最後に、オレンジではありませんが・・・庭で満開になっている紫蘭

 

 

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
安英学さんにウルウルして、敗戦にウルウルした日

JUGEMテーマ:サッカー

 

明日は川崎戦・・・という時まで、イベントが盛りだくさんだった柏戦のことが書けなかったのは、ま、それだけココロのダメージが大きかったと言うことですね。

 

安英学さんは、柏、新潟と両方のチームに所属して、結果を残しそれぞれのサポに好かれ・・・昨年のシーズンで引退

柏とアルビが激突するホームの試合だから・・・「この時しかない!」と満を持して、安英学さんの引退セレモニーを計画したアルビのクラブに感謝します。

 

サッカー選手は移籍が当たり前の世界なので、アルビで活躍しサポに好かれた選手でも、移籍先で引退した場合、元のクラブでセレモニーをやれる選手は滅多にありません。(岐阜の三田クンにはやってやりたかった・・・と思いましたモン)

 

それだけに、この試合は勝ちたかった・・・と本当に思いました。

 

 

試合開始早々にセットプレイで失点・・って、何回おんなじことをやっているんだよ!と、思わず天を仰ぎました。

 

後は攻めてはいるんだけどねぇ・・・シュート数だって柏さんに負けてはいないんだけどねぇ。

 

で、無得点で敗戦・・・う〜ん、勝てない、大事な試合で勝てない。

 

帰り道は、かなり肩を落とし下を向いて歩きながら「サポもつらいけど、選手はもっとつらいんだろうな」と思ったらウルウルしてしまい、あわててサングラスをかけ直しました。

 

我々はサポーター・・・好きになったチームだ・・・どんな状況でも支えて付いていくよ!

 

 

 

柏戦では、クラブも力を込めていろいろなイベントを仕掛けてくれました。

その写真をちょっとだけ

 

カナールでは、県警の音楽隊の演奏会(ごめんなんさい、写真はありません)

 

トンネルではチューリップの花絵を作っていましたので、ちょっとだけお手伝い

アルビ君が浮かび上がりました。

 

本日の主役のひとり、安英学さん

Eゲート前広場での大中さんの司会で安英学さんのトークショー

そうか、ヨンハッも38歳になるのか・・・大学卒業で入ってきて、初々しかったよなぁ

 

ヨンハッといえば、17番・・・トークショーの時、ハングルで書いた17番ユニを着た方がいて、「どこまでも追っかけたサポ」がいたんだな。

 

北朝鮮の代表に選出されるなど、アルビにおける人気の高まりと反比例するかのように、いろいろな風当たりが強くなって「最後にアルビに戻ってきたい」という言葉を残して名古屋に移籍

 

だからこそ、「ただいま」と言ってくれたヨンハッにとてもうれしかったなぁ

 

場内を一周したときには、ヨンハッもウルウル、こちらもウルウル

 

 

サポのこの試合にかける意気込みがわかるコレオ

スポンサー様提供のオレンジシートを活用した、今、旬の市松模様

 

これだけ舞台が整ったんだから・・・勝ってくれると思っていましたよ、ココまでは

ま、試合内容は悪くはなかったんですが・・・コレはいつもかぁ。

 

 

最後に、長岡の国営越後丘陵公園で見つけたアルビレックスチューリップ

 

この花のように、明日の川崎戦・・・満開になれ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 11:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
アルビレックスチューリップが咲いています

JUGEMテーマ:サッカー

 

あれだけ互角に戦っていながら、最終的にはアルビ0:3FC東京・・・って、見ていて「疲れたなぁ」と思えた試合でした。

 

ボールは運べているんだけれど、最後のシュートがイマイチ・・・なのか、ボールの運び方にムリがあって迫力あるシュートが打てないのか、そこは素人なのでよくわからないけれど、ポストには嫌われたこともあったり、相手のキーパーが怖がるようなシュートが打てなかったりで、無得点

 

 

連勝が出来ないこともあるけれど、ホームで勝てない方がダメージが大きいような気がしますねぇ。

 

新潟県は水稲を主とした農業県で、4月のこの時期は本当にやりくりをして来てくれているサポが多いのに、全く得点できない試合を見せられたんじゃね。

「朝早く起きて頑張って、何とか時間を作ったんだけど・・・ああ!」という声を、帰りのコンコースで聞いちゃった。

 

 

良い試合をしてるんだけど、勝てないねぇ・・・を、何とか勝利をもぎ取るまで昇華してください!

 

 

ハナシは、変わりますが・・・・

何年か前に、新潟県の園芸関係の試験場で育成したオレンジのチューリップに「アルビレックス」という名前を付け、それをスタジアムでお披露目がされました。

 

その後、なかなか市場に出回らないで、サポ仲間でも「見たことがないねぇ。まぼろしのチューリップみたい」などと話題になっていました。

 

本日、それを見つけました!

新潟市西区役所の玄関前に飾られていました。

何年越しの恋が実ったような本当にうれしい気持ちになりました。

 

 

本日はルヴァンカップ予選・・・チューリップのように花が咲いてくれることを

ガンバレ!アルビ!

 

 

 

 

 

 

| アルビ中毒 | アルビレックス | 15:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |